いろいろな顔を持つダウンタウン

hawaii
この記事は約2分で読めます。

ネットで「ダウンタウン」を検索すると、Wikipedia で真っ先に出てきたのが松ちゃん・浜ちゃんのお笑いコンビでした(お笑い好きの私としてはうれしい)
再度「ダウンタウンとは?」で検索したら、都市の中心部または中心に位置する商業地区(オフィス街、ビジネス街)を意味する…と出てきました
オアフ島で言うところのダウンタウンは下の地図の線で囲ったところで、空港とワイキキの中間に当たります

皆さんはどんな印象を持たれますか?

初ハワイの時、添乗員さんが「ダウンタウンは危険ですから行かないように…」と言われたのが約40年前でした
私たち世代は『恐い』『ダーティー』のイメージが強いですね、でも最近は『下町』『地元』『歴史』とダウンタウンには様々な印象をお持ちだと思います
それはダウンタウンにはいろいろな顔があるからではないでしょうか?

ダウンタウンの3つのエリア

HI SCOOP!よりお借りしました

「いろいろな顔を持つダウンタウン」
その通りでダウンタウンは広いエリアの総称で、個人的には以下のように感じております(明確な定義は無いようです)
①=東側は州庁舎やイオラニ宮殿・カメハメハ大王像に代表される行政区
②=中央部はビジネス街・歩行者専用道路のモールなどの商業区(この辺りには歴史を感じさせる建造物も数多い)アロハタワーもこのエリアに入ります
③=更に西に行くと活気溢れるチャイナタウン、川を挟んで出雲大社などがあります

このようにダウンタウンはワイキキとはちょっと違ったハワイです
ある時は歴史を、ある時は文化を感じながらダウンタウン散策を楽しまれては…
そんなことで明日からはダウンタウンについて旅行者目線でお話ししたいと思います

突然ですがここで
ハワイあるあるをひとつ

ハワイのレストランでのメニューにはハンバーガーはサンドイッチ部門にある
私たちの概念ではサンドイッチとバーガーは別物と思いがちですが、パンで何かを挟むのであるから、言われてみればサンドイッチなんでしょう

KUA’AINA 出典

コメント

タイトルとURLをコピーしました