どうなる?ハワイの観光業

hawaii
この記事は約2分で読めます。

過去最大のピンチ

2020年3月の1回目のロックダウン時ワイキキの光景は今でも忘れられません
日を追うごとに道行く人や行き交う車が少なくなり、見てはいけないカラカウア通りを見てしまいました
あんなに華やかで賑やかだったカラカウア通りが、まさにゴーストタウン

2020年3月26日、カラカウア通り

観光が主たる収入源であるハワイ州、2019年は年間155万9000人もの日本人が渡ハしていましたが…
このパンデミック以降は、限りなくゼロに近い数になりました

現在はメインランドから

現在のハワイへの渡航者は、パンデミックの低迷からゆっくりと戻ってきています
ハワイへの3月の観光客は32%増加しましたが、しかしそのほとんどはアメリカ本国 (メインランド)からの観光客です

春休みの3月は暖かい所へ、また全米でもコロナの感染者数の少なく安全な地域となると、ハワイへの観光客増加はうなずけます

メインランドからの観光客でにぎわうワイキキビーチ

日本のTVでも「戻ってきたワイキキの賑わい」が放映されていました
一方、日本を始めとするハワイへの海外からの観光客は98%以上減少しています

ハワイの観光業

レストランやショップの閉店・廃業は、ワイキキを筆頭にかなりの数に上っています
また老舗ホテルの経営譲渡などもあったようです
それに伴い観光業に携わるハワイの人びとは、その職を失う人も多いと聞いています

観光客の激減はハワイのホテル、飲食業小売業、観光業と広範囲にダメージを与えています

カイムキのコア・パンケーキハウス

Symphony Tourism Economics の新しいデータによりますと、ホノルルへの国内訪問者は2022年までに回復すると予想されますが、海外訪問者の来島は2024年まで完全に回復するとは予想されていません…とのこと

いつ渡ハできる?

今でもハワイに行けます、ただし…
①.新型コロナウイルスの陰性証明書 (出発の72時間以内)
②.日本に帰国後14日間の待機期間 (自主隔離) など必要

まだまだ高いハードルがありますね
私の場合は①+②が撤廃されてからとなるでしょう
早ければ、この秋以降かな

コメント

タイトルとURLをコピーしました