アイスクリームディッシャーで…

hawaii
この記事は約2分で読めます。

ご存じですか?

皆さんは「アイスクリームディッシャー」ってご存じでしたか?
私はこのブログを書くにあたって、アイスクリームを掬う (すくう) もので調べたらアイスクリームディッシャー、またはアイスクリームスクーパーと出てきました
そこで初めて、アレの名前を知りました

コレがアイスクリームディッシャー         出典: amazon.co.jp

言われてみれば見たことがある方も多いはず

何に使うの?

ハワイでは、…と言うよりアメリカではの方が正しいかと思いますが
これはご飯をよそうものです

日本で言うところの「しゃもじ」です
もちろん本来はアイスクリームを取り分けるものでしたでしょうが、今はこれでご飯をよそう時にも使われます

ちなみに地域別「ご飯を〇〇」の呼び方
よそう:東京、千葉、関西
よそる:それ以外の関東
盛 る:北海道、東北
つ ぐ:中国、四国、九州

やっぱりご飯はふっくらと、よそってもらいたい

よ~く考えてみたら、ハワイを始めとする欧米ではライスは食べても、茶碗では食べません
だから、アイスクリームディッシャーが必要となるわけですね

プレートランチ屋では

ハワイでは皆さんが思っている以上に、ご飯を食べます
もはや主食はパンでもパスタでも、ましてやポイ (古代ハワイの主食=イモ) でもありません
スパムむすびを始めとするおむすび類や多いのはプレートランチですね

プレートランチは揚げ物系統が多い

プレートランチ屋さんで出てくるライス、やけにまん丸です
しゃもじではなくアイスクリームディッシャーで盛り付けられているから
メニュー表記の「ライス1スクープ」や「2スクープ」も、アイスクリームディッシャーで1杯、2杯という意味です
プレートランチでは、丸く固めた「2スクープ」が定番

例外として1スクープは丸く、もう1スクープは平らに伸ばしておかずの下に敷くもアリます
私は小食なので1スクープにしてもらっています
ふわっとご飯をよそう日本と違い、ギュッと固められています

チキンカツプレート=薄いチキンカツが3枚

こんな丸いライスがついています
あまり器用ではない国民だけにコレでいいのでしょうが
日本の《ふっくら感》は望めそうにありません

それから上2枚の写真に写っていますがライスの他にマカロニサラダも定番として付いてきます
サラダ代わりなのでしょうか、私はこのマカロニサラダが、ことのほか好きです

コメント

タイトルとURLをコピーしました