オーキッズは別世界

hawaii
この記事は約2分で読めます。

ハレクラニ ホテル

ワイキキのラグジュアリーホテル「ハレクラニ」(Halekulani Hotel)
ハワイ語でハレクラニは「天国にふさわしい館」と言われています

このホテル裏の海「カヴェヘヴェヘ」は古代ハワイアンにとって、特別な癒やしのパワー (マナ) が宿る場所とされています
海底から真水が湧き出ており、周辺の海の色とここだけちょっと違います

カヴェヘヴェヘとは「除去」という意味のハワイ語で、身体や心の病を癒す (痛みや傷を取り除く) ためにこの場所で水に浸かり祈りを捧げていたのだそうです
王族も愛したこの場所にあるハレクラニ・ホテルの歴史は、百有余年の時を越え世界中の著名人をおもてなししています

オーキッズ (ORCHIDS)

そんな高級ホテルのビーチサイドレストラン「オーキッズ」は私にとっても特別です

ワイキキ滞在中の唯一の贅沢は、ここで朝食を食べることです
夕食はホテルの部屋でプレートランチを食べても…
レンタカーを借りずにバス移動してでも…
すべてはここで朝食を食べるためです

受付からテーブルへ

レストランへ着いたのは9時頃でした
受付でリザベーションはない&ひとりの旨を伝えると…
「ルームナンバーは?」「お名前は?」と聞かれます
アウトサイドの席をリクエストすると、ビーチ越しにダイヤモンドヘッドが見える、半オープンエアーの芝生のそばのテーブルに案内されました (そうです、ココです!)
今日も写真の通り、雲ひとつない快晴です
芝生に映る建物の陰が濃いですね


席に着くと、初老の男性サーバーが「お飲み物はいかがしましょうか?」
次に慇懃にブレックファースト・メニューを差し出します
何かとても大事にされている感覚です
このホテル自体、ワイキキにありながら車の騒音や人々の喧騒が届かない
それはカラカウア通りからかなり離れているからなのです
高級ホテル感がそこここに溢れています
プールにしても…

トイレにしても…

Traditional EggsBenedict

サイドのトマトも、ポテトも上品で繊細で作り手の心が伝わってきます
アイロンがピッシと掛かった真っ白なテーブルクロス

全てにおいて申し分なしとは、このことなのでしょう

皆さん、さぞやお高いのではとご心配のことだと思います
この時期に、このロケーション、このサービスではお安いわけがありません
…がしかし、毎回来ているのである程度分かっていますが、決してお高くありません
トラディショナル・エッグベネディクト ($23) 、Coffee ($6) チップ込みでも$34
帰りがけには、先ほどのマネージャーが「Thank you Mr,〇〇」と挨拶してくれます
やっぱり、また来たくなってしまいます

コメント

タイトルとURLをコピーしました