カカアコのソルト

hawaii
この記事は約3分で読めます。

ここがカカアコ

私が初めてカカアコ地区へ行ったのは20年くらい前で、当時は倉庫や工場ばかりで埃っぱくで殺風景な町でした
それが今では観光客人気度ランキングの上位の町
その理由のひとつはなんと言っても、ウォールアートでしょう

🔴印はカカアコの町

①はダイヤモンドヘッド
②はワイキキ
③はアラモアナ

ワイキキからは19・20・42番のThe Busで乗り換えなしで約30分

ワード地区とカカアコ
進化し続ける街 私が初めてハワイに行ってから40年以上経ちますが、その間ハワイはどんどん進化し続けています国際空港があるオアフ島のホノルル市、その中でもワイキキは1年前にあったレストランがもう無いなんてことはよくあること...

カカアコの変化

今や、ウォールアートなしではカカアコを語れないほどです
でもカカアコを人気の町にしたのは、ウォールアートだけではないのです

どんどん増えつつあるウォールアート

2012年にカカアコ地区の大規模な開発計画がハワイ州から発表されました
2030年の完成予定の商業施設や、高層コンドミニアムの建設が計画されています
そう言えば、周りを見渡してみると高層ビルがどんどん建築中です
そしてその理由はこの近くに、現在建設中の高架鉄道の駅舎が出来る予定だとか

開通が待たれる高架鉄道 写真提供は日立製作所

2018年4月にマウイ島生まれのスーパーのDown to Earthや、オーガニックスーパーのWhole Foods Marketが相次いでオープンし、カカアコの変化は加速しました

SALT オープン

ソルトはそんな開発計画の中で生まれた施設なのです

ソルト・アット・アワ・カカアコ

近年、注目を集めている2016年OPENした複合商業施設「ソルト・アット・アワ・カカアコ (Salt at Our Kaka`ako)」
そもそもハワイの先住民が暮らしていた頃は、ここで塩が作られていました
そこからこのモールを「SALT」と名前が付けられたようです

今回はカカアコの中でもこの人気のグルメ&ショッピングスポットSALTについて、ほんの少しだけですが紹介しましょう
まず飲食関係では
ソルト内で最も大きなレストラン「Moku Kitchen
オーストラリアン・スタイルのカフェ「ARVO
ホットドッグ専門店「Hank’s Haute Dogs
精肉店&デリ「Butcher & Bird
プレートランチ「PIONEER SALOON
ハワイアンフード「Highway Inn
アイスクリーム「Butterfly

30種類のアイスクリーム Butterfly

おしゃれ&雑貨では
サーフ・トラベル・ブティック「Milo
カメラ&写真「treehouse
ウクレレ専門店「UKULELE SITE
セレクトショップ「Urban Island Society
アロハシャツ「KAHALA

あこがれのアロハシャツ老舗ブランド KAHALA

コメント

タイトルとURLをコピーしました