カラカウア通りって?

hawaii
この記事は約2分で読めます。

カラカウア通りはここ

あえて言うまでもなく、その名前は第7代国王カラカウア王からきたものです
カラカウア通りとクヒオ通りの分岐点、ワイキキ・ゲートウェイ・パークには彼の銅像が建っています

第7代国王カラカウア王

ワイキキの一等地を東西に走るメインストリート
正面にダイヤモンドヘッドを見ながらの一方通行の四車線、右にハワイを代表するワイキキビーチ

私は滞在中に毎日通るカラカウア通り

左右には高層の高級ホテル群、そして大型ショッピングモール
右側にはロイヤルハワイアン・センター左側にはインターナショナル・マーケットプレイス、それらの間には高級ブランドショップや世界の味が楽しめるレストラン

ちょうど今の時期は、街路樹のシャワーツリーが見頃、夏の終わり頃には花びらが風に舞い、桜吹雪のようにきれいです

シャワーツリーの名の通り散り際が美しい

ここはパレードルート

この通りは季節に関係なく、ほぼ毎月車道を交通止めにして、何らかのパレードが行われております
大きなものでは…
3月=ホノルル・フェスティバル
5月=メモリアルデー・パレード
6月=キングカメハメハ・フローラルパレード
9月=アロハフェスティバル・フローラルパレード
12月=ホノルルマラソン

日本から参加のフラチーム

毎年6月には「まつり・イン・ハワイ」が行われ、ねぶたや竿灯など日本の祭りのほか、数多くのフラチームが日本から参加し、カラカウア通りで踊ります

地元の高校生のマーチングバンド

ストリートパフォーマー

カラカウア通りは夕暮れと共に、歩道上に多くのストリートパフォーマーが現れます
ギターを手に歌っている人や、カリブ海発祥の民族楽器スチール・ドラムの涼やかな音色、似顔絵描き、スプレー画、マジシャン、ジャグラー
皆さん世界を回るチップ稼ぎのパフォーマーなのでしょう

中央のオレンジラインにパフォーマーが多くいる

そんな中に、たぶん地元の高校生チームだと思われる6~7人のストリート系ダンスチーム
音楽に合わせてヒップホップやブレイクダンス
そして観客の中の小学生くらいの子供を入れて一緒に踊る、英語でよく分からないけど観客からはヤンヤの喝采
私の孫も一番前で見ていて、引っ張り出されたひとりでした

大盛り上がりのダンス・パフォーマンス

そして人気なのが、銅像のようにジッとして動かず、道行く人が一緒に写真を撮ろうとした瞬間に驚かす
ゴールドマンやシルバーマン、ニュースペイパーマンもいましたが、なぜか代々女性のパフォーマーはいませんでした

ゴールドマン
シルバーマン
ニュースペイパーマン

残念ながら写真にはありませんが、最近は植え込みなどの植物に紛れるプラントマンも現れたようです

コメント

タイトルとURLをコピーしました