コインの使い方

hawaii
この記事は約2分で読めます。

増えるコイン

「増えるコイン」、マジックのタイトルではありませんが、日本人観光者のあるあるではないでしょうか?
買物をしたショップで、またはレストランで支払いの際は紙幣で払い、おつりはコイン

…かといってチップにはコインは使えずこれではコインは貯まる一方
私も初めの頃は、そんなことが多くありました
今はクレジットカードの普及により、それもいくらか少なくなったのでは?

ワイキキ滞在中には、必ずお世話になるABCストア

もう何年も前になりますが、父が他界した後の遺品整理をしていた際に、ビニール袋に入った大量のコインが出てきて、計算しましたらなんと$50以上ありました
亡父母もハワイが大好きで、私のハワイ好きもその血を受け継いでおります
ちなみにその大量のコインは、渡ハ時に使わせて頂きました

こんなにたくさんは、ありませんでした

コインの種類

ハワイで一般に流通しているコインは1、5、10、25セントの種類です
他には50セントや1ドルコインもあるようですが、記念コインとして町中で見かけることはほとんどありません

ケネディのハーフダラーコイン

下の写真のように1セントから25セントまでの4種類のコインですが…
中でも日本人にはなじみが薄い25セント (クォーター) は、自販機やコインランドリー・コインパーキングなど使用頻度が多いコインです

一方、現在日本で流通しているコインは下の6種類です

こうして比べて見ると4種類と6種類、円より2種類も少ないセント
本来はハワイの方が単純で判りやすいと思いますが、慣れてないことがコインが貯まっていく原因なのでしょう

コインの使い方

私の場合、コインは貯めない方で、帰国時にはいつもに10枚以下です
貯まったなぁと思ったとしても20枚以下です、これは私の中でも数少ない自慢できるハワイネタです
それでは、コインの使い方についてお話をしましょう

よく聞くのが「コインの種類が分かりにくい!」ですね
25セントは一番大きく、1セントは赤銅色、この2つは分かりやすいけど…
問題は5セントと10セントの区別です
色はシルバーで同じですが、4種類のコインの中で1番小さいのが10セント

今ではこの方法は使いませんが、取っておきの技をお話しましょう
ズボンのポケット右には一番大きい25セントと一番小さい10セント
左のポケットには赤銅色の1セントとシルバーの5セント
いかがでしょうか、これで少しは手持ちコインの解消法のお役に立てたら幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました