コロナ前とここが変わった

hawaii
この記事は約3分で読めます。

2年半のあいだに…

この2年半は世界中がコロナに振り回されてしまいました
私たちのハワイも例外ではありません
そして、落ち着きを取り戻しつつある今ですが、ハワイのココが変わったところを改めて振り返ってみましょう
変わることは悪いことばかりではありません

観光客が来ない時期には、ワイキキビーチの砂の入れ替え作業 (大規模でした) が行われていました
また、ハナウマ湾など海の透明度が驚くほど良くなりました
今日はその他にも、変わったところをお話ししましょう

DH予約制

ワイキキのランドマークである「ダイヤモンドヘッド」2022年5月からオンラインでの事前予約制になりました (在住者を除く)

環境保持と混雑緩和のためで、ひとり5ドルで駐車料金は10ドル

https://gostateparks.hawaii.gov/diamondhead

また、カラフルな熱帯魚やウミガメなど、たくさんの海の生き物が生息している「ハナウマ湾」2021年4月からオンラインでの事前予約制を導入になりました (在住者を除く)
こちらの入園料はひとり25ドル

Parks & Recreation

HOLOカード

「HOLOカード」は2021年7月から本格的に運用がスタートした交通系ICカードです

以前よりありましたが、これを機に紙チケットは廃止になりました
ABC Storeなどでカードを2ドルで購入し、その後はチャージをするSuicaやICOCAのように使えます
近い将来、高速鉄道にも使用可能のようです

レジ袋有料化

2022年1月よりプラスチック製のレジ袋 (ビニール袋) の使用も禁止となったため、再利用やリサイクル可能な紙製の袋のみがレジ袋として使われるようになりました

ちなみに、支払いの際に「Do you need a bag?」と聞かれます
「はい」と答えるとレジ袋代がお会計に追加されますので、エコバッグを持参しましょう

プラスチック容器の使用禁止

プラ容器だけでなく発泡スチロール製の容器やプラのナイフやフォーク、スプーンなども使用禁止です
コロナ禍で禁止条例が延期されていましたが2022年9月より使い捨てのプラスチック製の容器禁止が本格的に施行されました

テイクアウト時には紙製のものが登場しており、また箸も多く使われています
最近は生物分解可能なプラスチック製も注目を集めています

日焼け止め使用&販売禁止

2021年1月からサンゴ礁を劣化させる有害な化学物質オキシベンゾンとオクチノキサートを含む日焼け止めの販売が禁止となりました
日本から旅行の際には、これらの成分が入っていない日焼け止めを使用しましょう

私は常々思っていることですが、ハワイで起こっていることはいずれ日本でもそのようになることが多くあります
そのうちに…、いや近い将来法令化され、プラスチックや発泡スチロール製の容器などの使用禁止となるでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました