スーパーでマンゴーを買う

hawaii
この記事は約2分で読めます。

ハワイを代表するフルーツ

あくまで私的感覚ですが、今から30年くらい前まではハワイのフルーツと言えば、パイナップルかパパイヤを思い浮かべてました
お土産で買って帰ったこともありました
それらはハワイらしいこともありますが当時の日本では日常的に手に入りにくかったこともあったようです

果汁たっぷりの完熟マンゴー

その後、マンゴーの味を知り、私の中ではいっきにフルーツランキング最上位へと昇りつめました
私のハワ友が言ってました『今までパパイヤを有難がって食べていたが、新しい世界が広がった』(個人の感覚です)

スーパーで買ってホテルの部屋でカット

マンゴーとは

大きく分けて赤緑色で丸いものはアップルマンゴー
黄色く平べったいのはペリマンマンゴーと言うようです
ハワイのスーパーで売られているのもこの2種類が多いですね
下の写真はダイヤモンドヘッドからの帰りに見つけたマンゴーの木

たわわに実ったマンゴー

単位がわからない

さて本題に入ります!
マンゴーに限らずですけど、ハワイのスーパーやファーマーズ・マーケットでフルーツを買う時に、表示されている値段が良く判らないことがありませんか
『わぁ~安い!』と思ってカゴに入れたけど、あとでレシートを見てガッカリ

表示価格が1個なのか?
または重さなのか?

価格のあとに「Ea」これは Each の略でどれでもの意味
また「Lb」1ポンド (453g)当たりの価格になります
ちなみに Lb はラテン語で重さを量る天秤 “Libra” が由来のようです
Ea Lb も小さな文字で書いてありますでよく見るか、或いは近くに量り (scale) があれば「Lb」です

自分で量りましょう!
これも小さな文字で「Lb」と書いてありました

バナナは欲しい本数だけでも買えます、この場合は Lb で量り売り

またファストフード店などで見かける「Buy 1 Get 50% OFF」は「1つ買うと2つめは50%オフになる」もあります

スーパーの商品にプライスが2つ付いている場合は、安い方は会員価格で一般価格は高い方

コメント

タイトルとURLをコピーしました