チップの相場 どのくらい払う?

hawaii
この記事は約3分で読めます。

日本にない習慣

海外旅行ではチップについて悩んでしまいます
「このぐらいでイイのかな?」
「少なすぎない?」
「多すぎない?」


チップの習慣のない私たちは戸惑ってしまします
でもよぉ~く考えてみると、日本にもチップは存在していたんですね
ちょっと前までは日本式の旅館などで、お姉さんに心付けとして渡していたことがありました
海外ではそのサービスやおもてなしに対して「ありがとう」という気持ちを現金で示す文化がありそれが、「チップ」です

なぜチップか?

欧米ではサービス業で働く人たちの賃金は、チップを貰えることを前提にして低めに設定されているのが実情です

チップはホテルやレストランで働く人たちにとって、お客さんから直接受け取るお給料だともいえます
サービス業に従事する人たちの死活問題にも関わってきます
日本人旅行者の中にはチップを渡し忘れてしまう方もいるようですが、ここは忘れずに渡しましょう

チップの目安

タクシー 料金の15%~20%
ホテル (ポーター) 1個に付き$1
ホテル (ハウスキーピング) $1~$2

ホテル (特別なサービス) $1~$2
レストラン 食事代金の15%~20%

【チップ不要の場合】
ファストフード店やフードコートなどのセルフサービスの店では、基本的にチップは不要です
スタッフに特別に何かをしてもらったり、お世話になった場合にはチップを渡します
例えば、店内を汚してしまった、子供が迷惑をかけた、こんな時は多めにチップを…

チップの二重払いに注意

レストランなどで飲食終了時に、請求書 (伝票) をサーバーがテーブルに持ってきます
この際は請求書を良く見てください

食事代金+州税…とここまではよろしいのですが、これ以外にGratuityとかService chargeと書かれていたら、それはチップのことですからこの場合はチップは不要です
また、クレジットカードで支払いの際はカード伝票に TipとTotal を書き込みましょう
金額を操作されないためにも「$」を忘れずに書き込んでください

チップは紙幣で…

現金でチップを払う際には$1紙幣などの細かいお金があると便利です
紙幣がなくても小銭 (コイン) でチップを渡すのは失礼なことです
そのような時には、サ-バーに両替を頼みましょう
または、外出前にホテルのフロントデスクで両替しておくと良いでしょう

最近のチップ事情

このGWに渡ハされたある方が、ブログに以下のようにアップされていました
2年前までは10%15%って思ってたんですが、現在のチップは18%から20%になっています
また、町中のセルフサービスやテイクアウトのスタンド、フードトラックのキャッシュレスシステム (カード払い)はほとんどの機種でこのチップ画面が組み込まれるようになりました
《タッチパネルでチップを選択する場合》

青部分か白部分をタッチするシステム

セルフサービスでチップってのは納得できないので最下段の「No Tip」を選びましたが、おねぇさんの笑顔がよかったとか、お店の雰囲気がよかったとかの付加価値があると一番安いチップをタッチすることもありましたよ
…とその方のブログではそのように書かれていましたので、そんな時は私も「No Tip」をタッチするでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました