ハワイあるある 歩きスマホ禁止ほか

hawaii
No texting while walking allowed vector
この記事は約3分で読めます。

横断歩道は歩きスマホ禁止

ワイキキなどではよく観る光景ですが、横断歩道を横断中にスマホ画面を見ながらやメールを書いたりすると罰金です ($35の罰金)
スマホだけでなく、タブレットもデジカメも対象のようです

また、信号点滅中の横断も禁止されています
横断歩道ではない場所を横断することを J-Walk と言います
違反すると$130の罰金です

未成年保護

一般的に12歳以下のお子様だけでトイレに行かせたり、買物に行かせたり、留守番をさせてはいけません
日本のTVのはじめてのおつかいなどもってのほかですね

NETFLIXにて全世界公開されている同番組、タイトルは「理解するのに十分な年齢」

車内やホテルの部屋に子供だけで放置しておくことも禁止されています
ホテルでは子供だけにしておくと通報され、保護者が捕まってしまうこともありますのでご注意を!

駐車は頭から

ハワイでは駐車違反が厳しく取り締まられています
駐車場は基本頭から突っ込んで停めるように作られています
白線も頭から入れやすいように斜めにひかれており、無理やりバックで駐車しないようにしましょう

バレーパーキング (係員に鍵を渡し駐車しておいてもらうシステム) があるホテルなら、利用したほうが楽だしカッコイイですね
これはレンタカーでも利用できますし、自分が滞在していないホテルでも利用できます (発車時にチップを忘れずに)

レイのマナー

美しい花で作られるレイは、頂く時に断るとマナー違反にあたりますので笑顔で受け取ってください
妊婦さんにレイをプレゼントする場合は、輪になったレイはへその緒が絡まると信じられているため、輪になっていないオープンレイを贈りましょう

また、レイの処分の方法は、一般的には土に返すのが良しとされています
ワイキキのデューク・カハナモク像の足元に感謝の気持ちを込めて、捧げるという方法もあります

自転車は車道

最近は観光客に人気のレンタサイクル「biki」がワイキキでも多く走っています
ハワイでは自転車は歩道は走れません
自転車専用レーンまたは車道を走るようにしましょう

日本とは交通ルールが違うこともあるので、自転車に乗る場合は事前にルールを確認することをお勧めします

ビーチは禁酒地帯

青い空の下、エメラルドグリーンの海を見ながら、プシュっとビールを1杯
…なんて思う方も多いと思います、でもハワイではビーチや公園など公共の場での飲酒は禁止となっています
海の見えるバーや、ホテルに着くまで我慢してください

また、スーパーなどで買ったアルコールを、袋に入れずに手に持つことも禁止されています
ちなみに、アルコール類を買う時や、レストランやバーで注文する時は年齢確認のためにパスポートを見せるよう言われます
パスポートのコピーは必ず持って歩くようにしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました