ハワイのお花見

hawaii
この記事は約3分で読めます。

今のハワイは…

日本ではまだまだ極寒の日々が続いていますが、常夏のハワイでも雨季真っただ中
…と言ってもホノルルの最高気温は25~27度でも朝夕ともなりますと冷える日もあるようです
当然、日本の寒さと比較にはなりませんが、今年のハワイは例年よりもかなり寒く毎日の最低気温が20度を切る日もあります

衣料品店ではダウンジャケットやオーバーコートなども売られています

今日はそんなハワイの「さくら」についてのお話です

今年のさくら

ハワイでは年末年始の長雨で、今年の桜の開花はやや遅いようです
オアフ島のさくらの名所といえば、島中央部のワヒアワ
そうです! 🍍ドール・プランテーションの近くです

ここワヒアワは、オアフ島で唯一さくら並木が見られるところです
そして、その昔は多くの日系人が住んでいたようです
この地区のカリフォルニア・アベニュー沿いが桜の名所と言われていて、車で行くとお寺や民家に植えられた桜を沿道から楽しむ事ができるようです
近くの本願寺では毎年「さくら祭り」が開催されます
また3月にはホノルルで「チェリーブロッサムクイーン (桜まつり女王)」も選ばれます

ハワイの桜は…

早い時には12月中旬から咲き始めますが、今年は遅いようです
1月下旬から2月上旬にかけて咲き始め、桜の見ごろはそれから2~3週間、花見客も多いようです

日本の桜は一般的にソメイヨシノですが、ワヒアワの桜は沖縄の名護からやってきた「琉球寒緋桜」
ピンクの花が下向きに咲くのが特徴で、推定で100本ほどあると言われています

この寒緋桜は温暖な台湾、沖縄や奄美で見られるピンクの色が濃い桜で、一斉に咲く豪華さはありませんが、つつましく少しづつピンクの花を咲かせます
標高287mのワヒアワ地区では気温がかなり低く、なんと8度ほどまで下がるときもあり、桜が育つ環境にあります、ワイキキではちょっと無理ですね
サトウキビ農園で働く先人たちは、遠く離れた日本を想う気持ちで見ていたのでしょう

さくらに似ていますが…

下の写真はハワイではよく見かけますが、実は桜ではありません

「ハワイ桜」と呼んでいる方もいるこちらの木は「ピンクテコマ」といい、年に数回花が咲きます
日本から移民してきた人々が、ピンクテコマを見て故郷を恋しく感じていたそうです

やがて春が来る

桜の開花と共に、夕日の沈む位置が折り返し地点を過ぎて西寄りになってきます
やがて夏にはサンセットが、ダニエル・K・イノウエ国際空港のもっと右側の山影へ沈みます

2010.12.16 チャックス・ステーキハウスから撮影

季節は確実に春に向かって進んでおり、冬が終わって春になれば世界は変わるでしょう
制限なく旅行できる日が春の訪れと共にやって来るのを願っています
そろそろ私も、渡ハに向けてのウォーミングアップしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました