ハワイのコーヒー事情

hawaii
この記事は約3分で読めます。

アイスコーヒーの現状

もう20年も前だったでしょうか
暑い暑いワイキキでアイスコーヒーが無性に飲みたくなって、いろいろと探してみました
しかし、とうとう見つけることが出来ませんでした
ハワイにはアイスコーヒー文化は無いようでした
つい最近知りましたが、アイスコーヒーは日本生まれなんですね!

このアイスコーヒーをハワイのスターバックスがレギュラーメニューにしたところ、非常に売れ行きが良いので各国のスターバックスのメニューに組み込まれたとか
ワイキキにこのスターバックスが多く出来てからは、ABC Storeなどではスタバの瓶入りのフラペチィーノなどが、陳列棚のかなりのスペースを取るようになりました
ちなみに、この瓶入りは日本のコーヒー牛乳からのヒントのようです

昔はハワイではアイスコーヒーを飲む習慣が無かったようです
今では、レストランやカフェでもメニューに入れるようになりました
ただ、その名称はアイスコーヒーではなく、「アイスド コーヒー」とか「コールド コーヒー」とメニューには出ていました
ちなみに水出しコーヒーは別名「ダッチコーヒー」とも言うようです

…とは言うものの主流はやっぱりホットです

インスタントコーヒー

もともとハワイに限らず、コーヒーはドリップやサイフォンで淹れるものです
ことによったらインスタントコーヒーなど邪道なのかも知れません
ハワイのホテルでは部屋にコーヒーメーカーがあり、無料のフィルターがセットされているので、美味しいコーヒーを毎日飲むことが出来ます

ハワイのコーヒーと言えば「コナ コーヒー」が有名ですね
以前は、お土産物屋やスーパーで売られているのは、豆か挽くいたものでした
十年くらい前から、フリーズドライのインスタントコーヒーが売られるようになりました
これは明らかに日本人観光客向けではないでしょうか
下の写真の他にアイスコーヒー用とかスティックタイプも売っています

上の写真の物はご覧になった方も多いと思いますが
下の写真はいかがでしょうか?
写真をアップにして見てください
これはスーパーのDon Quixoteで見つけた「マルバディ社」コーナーを撮った写真です
上段は上の写真と同じ「コナ100%」$10.99
中断は「コナ ブレンド」$5.99
下段は「ハワイアン ブレンド」$3.99

日本の通販では上段の「コナ100%」しか売っていませんでした

ついに出た缶コーヒー

1969年に世界初の缶コーヒーを発売したのは、ハワイ島にコーヒー農園を持っている上島珈琲 (UCC) でした
最近はアメリカの店頭にも缶コーヒーが並ぶようになったようです
あのスターバックも缶コーヒーを販売しているとか
ハワイのローカルコーヒー会社のライオンコーヒーも缶コーヒーを販売しているようです

驚いたことに、清涼飲料のコカコーラが缶コーヒーの販売を始めたのかと思ったら、どうもコーヒー味のコーラのようでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました