ハワイの現状は?

hawaii
この記事は約3分で読めます。

日本では…

約2ヶ月半にわたった首都圏1都3県の緊急事態宣言は3月21日で解除されました
それにより主要駅での人出は上昇傾向が見られ、新規感染者数も増えつつあります
特に宮城県の仙台市内では新規感染者数が急増し、県独自の緊急事態宣言を発令
今後も変異ウイルスやリバウンドに十分注意しつつ、緊急事態宣言中と変わらぬ生活様式で感染拡大を何としても防いで行きたい思いです
また、ワクチン接種も迅速に行われることを期待します

イメージ画像

観光客急増

一方ハワイでは、ここ数日アメリカ本土からの観光客が急増し、20日の土曜日だけで24,000人を超える方がハワイ入りしています
アメリカは現在、春休みの最中ということで安全 (感染率は全米で一番低い)で気候の良いハワイが選ばれる理由でしょう
この激増はコロナ前の3ヶ月の平均と、ほぼ変わらない人数ということで、ハワイの観光が急激に復活しているようです
ハワイの観光業関連者にとって、大変喜ばしいことであることに間違いはありませんが…

アラモアナ・センターのステージ

メインランドからの観光客の中には、かなり多くの方がマスクをせずにいるようです
州によっては、外ではマスクをしなくてもいい州もあるようです
それでも、ハワイ州では外でも屋内でも公共の場ではマスクはしないといけないので、そのルールの告知を徹底することが求められています
このような状態なので、これまで感染抑制のために頑張ってきたハワイも、春休み後には急激に感染者が増えると予想されています

ニュースでは…

(3/23日刊ローカルニュース)
ハワイ州観光局の最新データでは、20日(土)に約24,000人がハワイ州外から到着
翌日曜日にも20,000人以上が到着しており、2週間連続でハワイ州への訪問者数が増加していることが明らかになった
ハワイ大学のジェリー・アグルサ旅行産業経営学部教授は、「ビーチには人があふれ、夕方以降にはレストランの外に人が列を作る様子が見られ、ハワイ州の観光業が復活してきている兆しが見られるのは素晴らしいことです
しかし、日本やヨーロッパなど、海外からの訪問者が復活しない限り、ハワイ州の観光業の完全復活は厳しいでしょう」とコメントしている
ハワイ州のジョシュ・グリーン副知事は「ハワイ州では現在、ワクチン接種を完了した人に対する規制緩和策などを盛り込んだワクチンパスポートプログラムの構築に取り組んでいます

しかし、ワクチン接種が完了しているか否かをデータベースで確認できるようにするためには複雑なプロセスを経る必要があります」とコメント
ワクチンパスポートプログラムに関しては、5月半ばには導入を開始したいとしている

ワイキキビーチに活気が戻ったが…?

7月初旬に集団免疫

ハワイ州ではワクチンの接種が順調に行われており、現在は65歳以上の方やエッセンシャル・ワーカーの方々が対象となっています
緊急事態宣言下でも休むことができない職種が主でしたが、 つい最近観光業に携わる方々もエッセンシャル・ワーカーの範疇に入りました

ワクチン接種について、バイデン大統領は年の夏から初秋にかけてアメリカのほぼ全人口の3億人分を確保できる予定だと発表
これを受けてハワイ州のグリーン副知事は独立記念日である7月4日までにハワイ州は集団免疫を獲得できる予定であると告げたようです

聖火リレーがスタート

そんな中わが国では昨日、東京2020オリンピック聖火リレーが福島県双葉郡のJビレッジをスタートしました
無事に今夏のオリンピック・パラリンピックが終了し、秋ごろにはハワイに行けるようになることを願います

コメント

タイトルとURLをコピーしました