ハワイのWi-Fi 環境

hawaii
この記事は約3分で読めます。

スマホは必需品

今やハワイに限らず、また良くも悪くもスマホは手放せない時代になってしまいました
ハワイに行ってまでスマホか!」とお叱りを受けそうですが…
私の場合はひとり旅 (ソロ・ハワイ)ということもありますが、スマホ無しでは考えられません
電話LINEカメラDaBus2・記録・天気・計算・歩数・翻訳・カレンダーなどの各機能のほかブログ・インスタグラムなど数え上げたらきりが無いほど便利なものです

新たなレストランに行くのでも、事前に地図は元より定休日・営業時間やメニューに至るまで調べることが出来ます
また私は The Bus 派なのでバスアプリ
DaBus2は欠かせません
ハワイのバスの時刻表はあって無いようなものでしたが、今はGPS付きのバスも多くなり到着時刻はかなり正確度はUPしました

The Bus を楽しむ
バスに乗ろうよ! The Bus は今のところオアフ島唯一の公共交通機関なぜ今のところなのかは、もうすぐ公共の高架鉄道が開通するからですThe Bus は私にとって無くてならない交通手段ですそしてThe Busを知れば知...

そこで、今日はスマホが外部と繋がるために必要な「Wi – Fi」についてお話ししましょう

私の Wi – Fi

近年の私は、ワイキキ入りするとすぐにルーターを借ります
《ルーターとは「異なるネットワークを相互に接続するネットワーク機器」》
ワイキキ・ショッピング・プラザ3階の Vision Mobile Hawaiiのワイキキオフィスでレンタル
当方のデータは残っているので、諸手続きは簡単です

コロナ前まではこのようなルーターでした


料金は2週間で$57.59 、これは一番お安いプランです
このプランは容量が限られているので外出時にのみ使用して、ホテルにいる時はホテルの無料 Wi – Fi と接続を変えながら使っています
そして、このルーター一式 (充電器等) の返却はダニエル・K・イノウエ国際空港の返却BOXに入れるだけでOK

最近は左のようなルーターに変わったようです

以前に調べた時には、同社への申込みは日本でも行えますが、ワイキキ・オフィスでの申し込みの方が格段にお安いことが分かりました

無料 Wi – Fi

最近はどんどん便利になって、ワイキキでも無料 Wi – Fiを使えるところも増えてきました
使い方によっては、ルーターを借りなくてもある程度はスマホを使うことが出来るようです

マクドナルド

例えば、インターナショナル・マーケットプレイスやロイヤルハワイアン・センターの敷地内
またはマクドナルドやスターバックス・コーヒー、TギャラリアDFSなど
便利なのはハワイ州観光局の無料 Wi-Fi(屋外⇒カラカウア通り・クヒオ通り)
またダニエル・K・イノウエ国際空港も「HNL Free WiFi」が使えます

以前は広告閲覧が無料で利用するための条件でしたが、広告なしで利用できるようになってより便利になりました

ロイヤルハワイアン・センター

利用方法は、例えばロイヤルハワイアン・センターの場合
①.デバイスの Wi-Fi 設定から「RoyalHawaiianCenter」のネットワークを選択
②.インターネットブラウザーを開き、ロイヤル・ハワイアン・センターのページで利用規約に同意
無料WiFiの利用時間は、毎日午前7時~深夜12時までで、利用時間が2時間
《他もだいたい同じ》

ホテルの無料 Wi-Fi

ハワイの大型ホテルのほとんどが Wi-Fi を提供しています
宿泊者でなくてもロビーやパブリックスペースで登録なしに接続OK

ホテルによって名称 (リゾートフィーやコネクションフィー)は異なりますが、他のサービスも含まれ有料です

オハナ・イースト

ちなみに、私のアウトリガー系のホテル OHANA EAST ではチェックイン時にパスコードを渡され、他のサービス (ピンクライン・トロリー乗車や島内電話無料等)を含むオハナ・コネクションフィーとして1日$22+Taxでした
Wi- Fi に接続して、プラウザに使用承諾ページが出てきたらチェックボックスにチェックを入れます
CONNECT」をクリックすれば Wi-Fi への接続は完了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました