ハワイ州の〇〇

hawaii
この記事は約3分で読めます。

ハワイの州都

アメリカ合衆国第50番目のハワイ州の州都は、もちろんオアフ島のホノルルです
しかし、以前は違うところにありました

赤丸がオアフ島のホノルル ★印がマウイ島ラハイナ

カメハメハ大王がハワイ諸島を統一し、ハワイ王国誕生の頃は捕鯨が盛んで、その基地としてマウイ島のラハイナでした
ハワイ王国第三代国王のカメハメハ3世がマウイ島のラハイナから、政治経済の中心をホノルルに移しました

ハワイの州旗

下の写真がハワイ州の州旗ですが、なぜか左上にイギリスのユニオンジャッが描かれています
それには深い訳があります

ハワイ州旗

この旗は元々、ハワイ王国の国旗を州旗としてそのまま引き継いだものです
作られたのはカメハメハ大王の治世だった1816年
そのデザインはイギリスのユニオンジャックとアメリカの星条旗をミックスして考案されています
その裏にあるのは、2つの大国と良好な関係を保っていこうという、カメハメハ大王の一流の政治感覚でした

英国のユニオン・ジャックがあしらわれている州旗は米国内ではハワイ州のみで一時期大英帝国の強い影響下にあった歴史の名残りです
このハワイ州旗はハワイを象徴するもので、ハワイ王国時代より暫定政府、共和国、そして米国準州時代を経て現在までデザインは変わっていません

ハワイの州花

州花の名前はマオ・ハウ・ヘレ一般的にはイエロー・ハイビスカス (ハイビスカス・ブラッケンリッジー)として知られるハワイ固有種です

州花「マオ・ハウ・ヘレ」

現在はハワイ諸島全体に野生種は少なく公園や植物園以外ではあまり見られません
しかし皮肉も合衆国西部では観賞用として広く栽培されているようです

園芸品種である黄色の花を持つハワイアン・ハイビスカスと勘違するケースがよくあるようです

ハワイの州木

ハワイ語名はククイ、木よりは実の方が皆さんにはなじみ深いでしょう

ククイ・ナッツのレイ

メレ (ハワイの歌) の中にもよく描かれるこの木は、山の木々のなかでも葉色が薄いので、比較的簡単に見分けがつきます
また実から採取する油で明かりを灯したり、魚料理の味つけに使われたことから文化的に重要な木とされています

ハワイの州魚

『世界で最も長い名前の魚は?』とクイズにも出題されるくらい、長く奇妙な名前から覚えられることも多いと思います
フムフムヌクヌクアプアアはフグ目モンガラカワハギ科に属する魚で和名はタスキモンガラ

タスキモンガラ
州魚「フムフムヌクヌクアプアア」

オアフ島ハナウマ湾では陸に近い浅い場所で泳いでいるので、シュノーケリング初心者の方でもすぐに見つけられます
また日本では沖縄県の宮古島や、鹿児島県の奄美大島近海でもたまに出会えます

ハワイの州鳥

ハワイ州鳥ネネ (Branta sandwiciensis/ハワイガン) はガチョウの一種で、ハワイ諸島固有動物です

お気に入りのTシャツのバックプリントが「ネネ」

カモ目カモ科コクガン属に分類される鳥類で、「ネーネー」という鳴き声が名前の由来とか
1951年には絶滅寸前でしたが、現在では2000羽とも3000羽とも言われるほど増えています

ハワイの有名人

カメハメハ大王やデューク・カハナモクも有名人ですが、私はこの方を押します
ハワイの人びとにとっても誇れるローカルではないでしょうか

オバマ元大統領

バラク・フセイン・オバマは1961年、ハワイ州ホノルルの生まれ
大統領時代にはクリスマスと新年の休暇を、オアフ島のカイルアの別荘で過ごしていました

また、初めてのバイト先はホノルルのアイスクリームチェーン店、バスキンロビンズ (日本ではサーティワン・アイスクリーム)だったようです

コメント

タイトルとURLをコピーしました