バーンズ&ノーブル

hawaii
この記事は約2分で読めます。

巨大なブックストア

インターネットの普及により、書籍販売部門は大きく変わりました
今はどの都市でも少なくなりつつある書店
ここハワイでも例外ではありません
今までは各町には小さいながらも、本屋または書店はありました

もう何年前になりますか、ワイキキやワードセンターに「ボーダーズ」と言う大きな書店がありましたが
アメリカ本土の同グループは2011年に経営破綻し、ハワイの大手書店はココ「Barnes & Noble」だけになってしまったようです

バーンズ&ノーブルの正面入り口

アラモアナ・センター内

アラモアナ・センター1階山側

アラモアナ・センターの中央通路を海側から山側に抜けてすぐ右折、左側は駐車場のあまり明るい通路ではありません
しばらく行った右側に重厚な扉があり、押し開けるとそこが大きな書店「バーンズ&ノーブル
です

ピンクの★印がバーンズ&ノーブル

バーンズ&ノーブル

バーンズ&ノーブルはアメリカ最大の、そして唯一の大型書店チェーンです
また、ハワイ オアフ島にはバーンズ&ノーブル以外の大型書店は今はありません
それはアマゾンドットコムの台頭によって書籍がインターネット販売の対象となったことにより、本屋は次々に姿を消していきました

店内が広いので、書籍がたくさんあっても通路は広い

ここ「バーンズ&ノーブル」は、広くてゆったりと落ち着いた図書館のような雰囲気です
ここではハワイの写真集やハワイ料理のレシピの本を手にとってパラパラと眺めることもでき

お気に入りのアメリカの雑誌をチェックしてみたりと、ネット上の本屋さんにはないリアルな本屋さんの楽しみを感じることができます

平置きの書籍は話題の本なのでしょうか?

私は孫に頼まれてディズニーチャンネルで放映された、アメリカの中高校生の青春ドラマディセンダント (Descendants)関係の雑誌を探しに来ました
みごとに雑誌部門で探し当て購入し、帰国後に孫娘は大喜びしていた記憶があります

スタバ併設

今や日本の大型書店でも見かけますが、店内にはスターバックス (Starbucks) が併設されており、美味しいコーヒーを飲みながらゆっくりと読書を楽しむことができます

店内の本を読みながらコーヒーを楽しむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました