ファブリック・マートってなに?

hawaii
この記事は約2分で読めます。

アロハ柄生地卸売り

ファブリック・マートとは、ひとことで言えばハワイアン柄の生地卸問屋
アロハシャツやムームー、またはフラを踊る方の衣装用の生地が店内ところ狭しと並んでいる、何でもその数3,000種類とか

まだこの4倍くらいある 出典=aiihawaii

場所はワイキキのカラカウア通りを西へ (ダイアモンドヘッドと反対方向) 、TギャラリアDFSより歩いて30分ほど
The Bus ならクヒオ通りから2番に乗車コンベンションセンターを過ぎてから「Don Quixote」のアナウンスが聞こえたら降りましょう

上中央の★印がファブリック・マート

圧倒される品数

店内に入ると様々な柄や色の生地がぎっしり並んでおり、更に2階に上がるとここにも…、選びきれないほどの種類の多さに驚かされます
特にハワイアンファブリックが多くハワイアン柄の生地を探している方にはぴったり、日本だとなかなか見つからない柄や色が豊富なようです

横幅は約90Cm、これをヤード単位で購入

素材ごとに並んでいて大きくコットン、ポリエステル、レーヨンなどと書いてあるので、繊維にこだわりがある方も探しやすい作りになっています
お気に入りの生地が決まったらレジ横の大きな台に持って行き、希望のサイズ (ヤード単位)を言うと裁断してくれます
《よく言われているシングル幅 (90Cm) がほとんどで、あとは長さを裁断》
また、入口周りにはセール品も多くありました

こんな使い方も…

簡単にできるのはテーブルクロスとランチョンマット、これで食卓が一気にハワイらしくなります

妻が作ったランチョンマット

切れ端を額に入れて壁に掛け、オリジナルのハワイアン・インテリアとしても使ってます

イスの張替えはとても簡単で1脚15~20分で出来ますのでお試しください、部屋中がハワイらしくなります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました