ホノルルマラソンのここが素晴らしい

hawaii
この記事は約3分で読めます。

世界有数の観光地ワイキキを走るのですから、景色のイイのはもちろんです

エントリーについて

ここで言うエントリーとは大会参加申し込みを言います
大会のみの参加料は2019年 (フルマラソンの部) の場合は申込み時期によって金額が違ってきます
4月16日~ 4月25日は23,000円
5月15日~10月16日は28,000円
10月17日~11月12日は33,000円
12月 5日~12月 7日はUS$380
この他に各旅行会社やスポーツクラブ等は、エントリー費のほかに交通費・宿泊費込みのパックも用意されているようです
中には大会前後のパーティーやオプショナルツアーも組み込まれているプランもありますが、当然お高くなります

エントリー時に大会本部へ完走予想タイムや完走Tシャツのサイズの申込みも忘れずに

ハワイ コンベンション センター

大会申込みをしましたら、あとはハワイに行くのみです
ハワイ到着後、大会前日までにハワイ コンベンション センターにて、計測タグ付きナンバーカードの受け取りを済ませます

ピンクの星印がハワイ コンベンション センター

コンベンション センターではもうお祭りムードいっぱいです、各スポンサーのブースが並んでいるほかステージではハワイアン・ライブなどが開催されホノルルマラソン一色の雰囲気
《日本航空・佐藤製薬・デサントジャパン・NTTドコモなど》

ハワイ コンベンション センター

コースでは

約3万人もの人のスタートは完走予想タイム順にスタートします
一番初めの人から最後の人までのスタートは一斉にとは当然いきません、そこで計測タグをシューズに付けるとスタート時に起動しゴール時にストップし、このデータが大会本部に送られ正確な時間が記録されます (今はゼッケンに計測タグが付いているようです)

シューズに付けられた計測タグ

また走っている時の位置情報も、サポートメンバーのスマホで今どこを走っているのかを確認できるのもスゴイですね!

公式の写真撮影スポットもコース内9ヵ所設けられており、撮影ポイントもすぐに分かるように旗や看板で知らせているので、辛くてもその前ではニッコリ
大会終了後には公式サイトにゼッケン・ナンバーを入力すると、自分の写真が出てきて購入することが出来ます

コース中のエイドステーション

途中のエイドステーションでは飲料水や水スポンジなどと仮説トイレが用意されており安心して走ることが出来ます

ゴール後は…

おつかれ様です!
フィニッシュ・ポイントのカピオラニ公園では拍手と歓声の中のゴールは感動ものです
大会本部よりフィニシャーズTシャツと記念メダルがプレゼントされます、特にフィニシャーズTシャツのデザインは毎年変わりはありませんが色が変わります
近くのテントでは医療班がケアしてくれフード・テントではバナナやマラサダが無料で食べられます
また大手旅行会社のHISや近畿日本ツーリストやJTBなどのテントではそれぞれ飲食やマッサージなどで癒してくれます

また翌日にはフィニッシュ・ポイントのカピオラニ公園では、完走証明書と全完走者の記録入り新聞がすでに出来ておりこれもプレゼントされます

コメント

タイトルとURLをコピーしました