ポリネシア文化センター

hawaii
この記事は約2分で読めます。

ワイキキの反対側

そうなんです
ノースショアにある町、ライエに位置するポリネシア・カルチャー・センター(PCC)はワイキキのちょうど反対側なんです
中々おいそれとは行けるところではありません
その昔友人たちはPCCはハワイ初心者の行くところと敬遠していました

中央上の赤丸がPPC

チケット購入

そもそも私は旅行社経由の旅ではないために、旅行社の販売するオプショナルツアーで行くことは出来ないのです
2009 年6月、そこで私はワイキキのロイヤルハワイアンセンター1階にあるPCCのデスクで3日後のチケットを購入しました
その頃の料金はワイキキ送迎バス付きで$ 94 でした

今のシステムや料金はその頃とは違ってきているようですが、当時の記録をたよりにお話を進めましょう
午後1時過ぎにロイヤルハワイアンセンター横に集合し、14 名を乗せたバスはワイキキを出発しました(ひとり参加は私のみ)

PCCの送迎用バス

いよいよPPCへ

カラニアナオレ・ハイウェイを北上し、PCCに到着したのは 14:10 でした
センター内には6つのポリネシアの村々(サモア・フィジー・タヒチ・トンガ・ハワイ・アオテアロア)があり、それぞれの村で様々なポリネシア体験が出来ます
例えば、火起こし体験やタロ芋からポイを作ったり、ラウハウの葉でバスケットを編んだりと様々な体験や見学が出来ます

パーク内地図 HPより

日中のメインイベントはカヌーショーでした
センター内を流れる川の両側に陣取った観光客の前をそれぞれの衣装で村に伝わる踊りを踊るのです、それはそれは華やかで見事なものでした

そして夕食は大きな会場でのブッフェで、メニューの中にはハワイのポイもありました

ハイライトは夜のショー

誰もが感動するイブニング・ショーは 19:30 から始まる
2,650 名着席可能の屋外ステージでは総勢約 100 名のキャストによるストーリー仕立てのダンス・ショー「HĀ:ブレス・オブ・ライフ」
迫力満点のファイヤーダンスやフラ、タヒチアンなど、ポリネシアのダンスと音楽を堪能できる感動のショーです

イブニング・ショー HPより

ショーが終わると帰路につきPCC発 21:15、約1時間後にワイキキの戻ります
充分にフラを楽しみました!

開園50周年を迎えた現在のPCCは大きくリニューアルされました
イブニング・ショーは更にアップグレードされ、またパーク入口のフキラウ・マーケットプレイスはパークに入らず飲食やお土産などを楽しむ施設が出来ましたオアフ島一周のドライブの際は立寄ることをお勧めします

コメント

タイトルとURLをコピーしました