ワイキキがみどり色のなる日

hawaii
この記事は約2分で読めます。

セントパトリックス・デー

セントパトリックスデー(St. Patricks Day)とは私たち日本人には聞きなれない日のようです
そもそもはアイルランド共和国の祝祭日です
アイルランドにキリスト教を広めた守護聖人、聖パトリックの命日が今日3月17日なのです

クローバーを服に付けたり、ミサを行ったりし、アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統が受け継がれているようです

世界では

イギリスをはじめカナダ、オーストラリアなどでは毎年盛大にお祝いされているようです
アメリカではニューヨークやボストンなど、アイルランド系移民の多い地域・都市ではその規模もイベントも大掛かりで、毎年真緑に染められるシカゴ川や、ホワイト・ハウスの噴水も真緑になるようです

ハワイでは

コロナ禍により近年の2年間は、ワイキキでのパレードは中止とされていましたが、例年は聖パトリックにちなんでテーマカラーの緑を身につけた人々で賑わい、カラカウア大通りからカピオラニ公園までアイルランドの伝統楽器のバッグパイプのパレードが行われていたようです

ハワイにもアイルランド系の方も多くお住まいで、イベントとしてもしっかりと根付いています
特に当日は、緑色の服を着たり身に着けたりして「お祝い」しますが、そういった緑色の物を身に着けていないと、つねられる危険が高まるというなんとも言えない習慣があるようです
街中でつねられないようにと、クラフトショップでは下の写真のようなグッズまで売っています

またコストコではアイルランドに関する食材も売っています
特にコーンビーフ料理や、アイリッシュシチューなど人気のようです

でも何でみんな“緑”なの?
これはアイルランドの美しいみどりの自然に由来しているそうです (諸説あり)
なぜクローバー (シャムロック) なのでしょう?
それは、国花に指定されているからです

日本では

日本では、原宿表参道で開催される「セントパトリックス・デー・パレード東京」が最も有名でアジア最大規模と言われています (今年を含めて3年連続して中止)
また、横浜元町や福岡などでもパレードが行われていたり、アイリッシュパブでイベントが開催されています

松江市で英語教師をしていた小泉八雲 (英名=ラフカディオ・ハーン) が、幼少期を過ごしたアイルランドにちなんで、松江市では毎年イベントが行われていたようです

東京タワーや伊勢の大鳥居も緑色にライトアップされるそうです
このように世界各地で大々的にお祝いされる「セントパトリックス・デー」を知らなかったのは、どうやら私だけだったようです
皆さんはご存じでしたか

コメント

タイトルとURLをコピーしました