ワイキキの宿泊ホテル Hyatt Regency

hawaii
この記事は約3分で読めます。

私の渡航歴

1977年1月の初ハワイから44年が経ちました
最近 (コロナ前まで) は年3回のソロ・ハワイ (2週間) を楽しんでおります

ハワイに行くためには当然ですが、飛行機と宿泊場所が必要となります
そこで、今週はワイキキでの宿泊ホテルについて、お話ししております

ワイキキのランドマーク

ワイキキで宿泊したホテル、4回目の今日は1995年6月に友人6名で宿泊し「ハイアット リージェンシー」(Hyatt Regency ) についてお話ししましょう

カラカウア通りから見たエバタワー

正式名称はHyatt Regency Waikiki Beach Resort and Spa と結構長い名前ですね
海から見てもすぐに分かる八角形のツインタワーのホテル
ダイヤモンドヘッド タワーとエバ タワーを繋ぐフロアーの2階にはフロントデスクとショップ、3階にはレストランとプールがあります
また、私は行ったことはありませんが、リージェンシークラブなるものがあるようです
36階~40階に宿泊する方のみ利用でき専用エレベーターでラウンジ行くとコンシェルジュサービスや、ドリンクサービス、ブレックファースト、カクテル&オードブルサービスなどが無料提供され夢のようですね
もちろんカードキーが無いと、ここへはたどり着けないようです

ワイキキビーチが一望できる19階の部屋から

このホテルは何と言っても立地の良さですね
目の前はカラカウア通りを挟んでワイキキビーチ、その手前には治安を守るワイキキ交番、近代サーフィンの神デューク カハナモク像、パワースポットとしても有名なカフナストーンズ (ワイキキの魔法の石) は目の前です

レストラン SHOR

お勧めは3階のメインレストラン「ショア」(SHOR)
ホテルでよくある朝食ビュッフェではなく、アラカルトを選択

2012年のオープン時

中でもバナナパンケーキは焼いたバナナとサイドにはホイップバター

シンプルなバナナパンケーキ

宿泊客の朝食の時間、7時前後は待ち時間ありですね
朝の爽やかな風の中でのブレックファーストは思い出に残るものとなります

1階中央に滝

ホテルの中通路には、3階からの豪快な滝が流れ落ちています

二つのタワーの間の滝

またこの中通路では火曜と木曜の夕方には、地元の人達によるファーマーズマーケットが開かれています

いつも賑やかなファーマーズマーケット

滞在中の夕食にすぐに食べられるプレートランチやフルーツなどがお安く売られています
《私もずいぶんお世話になりました》

また同ホテルでは、ウクレレ教室やレイメーキング、サンライズ ヨガなどのほか、サーフィンレッスンも行われています

宿泊ホテルまだまだ

今週は私が過去に宿泊したワイキキのホテルについて、4日間お話ししてきました
来週の火曜日 (10/18) 以降にこの続きをお話ししましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました