ワイキキ史跡巡り②

hawaii
この記事は約3分で読めます。

昨日の続きから…

『ワイキキ史跡巡り』の続きをお話ししましょう
2~3年前からワイキキのあちこちにサーフボード型のモニュメントが出来ていますが、見たことのある方も多いはず

ダイヤモンド社の地球の歩き方「ハワイⅠオアフ島&ホノルル」の2018~2019年版にこのサーフボード型のモニュメントの特集が写真&地図付きでありました

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-193x300.jpg
地球の歩き方 ハワイⅠ最新版

全部回ってみよう!

早速、2019年3月にワイキキ入りした際に地図を頼りにすべてのモニュメント (史跡) を写真を撮りながら回りました
史跡は全部で24ヵ所でしたが、サーフボード型は18ヵ所 (下の地図の★印) でした、サーフボード型のモニュメント以外の史跡は銅像や歴史あるホテルも含まれていました

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20-10-07-11-05-28-216_deco-002-300x211.jpg
★印がサーフボード型のモニュメント

昨日に引き続き今日はワイキキの地図中央部をご紹介しましょう!

ワイキキ中央部

④. カラカウア王邸宅跡
デビット・カラカウア王の邸宅があった場所
王はダンスを好み、よくこの邸宅で大きなパーティーを開いた

カラカウア王邸宅跡・モニュメント

⑤. カイウラニ女王邸宅跡
アメリカ人の小説家ロバート・ルイス・スティーブンソンは頻繁にこの地を訪れ、ハウの木の下でカイウラニ女王に詩を詠んで聞かせたという

カイウラニ女王邸宅跡・モニュメント

⑥. エムマ女王邸宅跡
カメハメハ4世の妃、エムマ女王邸宅があった場所
女王は完ぺきなイギリス英語を話し乗馬技術に優れ、素晴らしい歌声の持ち主でピアニストやダンサーとしても一目おかれた才女だったそうだ

エムマ女王邸宅跡・モニュメント

⑦. アプアケハウ川とビーチボーイズ
かつてアプアケハウ川があり、昔のハワイの人は海で泳いだあとに川で体の塩水を流したという
また多くのビーチボーイたちが集う場所でもあった

アプアケハウ川とビーチボーイズ・モニュメント

⑧. カヴェヘヴェへの療養水
ハレクラニホテルの前の海は「カヴェヘヴェへ」と呼ばれ、人々はこの海につかって病気や傷をいやしたとされる

カヴェヘヴェへの療養水・モニュメント

⑨. ヘルモア(王家のヤシ林)
ワイキキにはかつて「ヘルモア」と呼ばれる王家所有のヤシ林が茂っていた
その数は1万本ともいわれ、カメハメハ大王をはじめ多くの王族が避暑地として親しんだという
現在ではロイヤルハワイアン・センターの「ロイヤル・グローブ」として再現され涼しげな木陰を作り出している

ヘルモア(王家のヤシ林)・モニュメント

⑩. アフォンの邸宅跡
中国人の富豪チェン・アフォンの邸宅があった場所
彼は1849年にハワイを訪れ、不動産・砂糖・米で巨万の富を築いた

アフォンの邸宅跡・モニュメント

⑪. カリア・フィッシュボンド
湿地帯だったワイキキにはたくさんの養魚池があり、中でも最大級の池がこの記念碑が建つフォート・デルッシ近辺の山側にあった

カリア・フィッシュボンド・モニュメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました