ワイキキ最古のホテル

hawaii
この記事は約2分で読めます。

モアナ・サーフライダー

愛称は「ワイキキのファーストレディ」
ビクトリア調のエレガントな真っ白なホテルは誰もが憧れるホテル
正式名称はモアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパMoana Surfrider, A Westin Resort & Spa

ワイキキの中心部にある美しい海岸線で知られるワイキキビーチのすぐ前にありホノルル有数の人気ショッピング街、世界各国のお食事ができるレストラン、エンターテイメントも徒歩圏内という、最高のロケーションを誇るビーチフロントホテルです

①はモアナ・サーフライダー・ホテル
②はダイヤモンドヘッド

モアナホテルの歴史

1893年 ハワイ王国終焉
1900年 アメリカの準州となる
1901年 モアナホテル開業
1928年 アラワイ運河完成

1959年 シェラトンがモアナホテルと隣りにあったサーフライダーを買収
下の写真は開業当時で右がモアナホテルカラカウア通りには路面電車が走っていた
正面には薄っすらとダイヤモンドヘッドも見える

現在の同ホテルは

現在は「ヒストリック・バニアン・ウィング」「タワー・ウィング」「ダイヤモンド・ウィング」に囲まれた中庭には樹齢は100年以上のバニアンツリーがあり太陽の光から安らぎの木陰を与えてくれています
ちなみに以前私が宿泊したのはタワー・ウィングでした

中でも中央の「ヒストリック・バニアンウィング」は開業当時から利用されているエレベーターもあり、私も行ったことがありますが2階にはホテルやワイキキの歴史が学べるヒストリカルルームが併設されていますので、時間が許せばぜひ見ておきたい施設です (入場無料)
私の目を引いたのは、開業時の宿泊者用貸出し男女兼用水着 (ボクサーパンツにタンクトップがついたもの)は当時のまま展示されていました (紺地にMOANAの白文字)

ヒストリカルルーム 出典=Petite New York

メイン・レストランは海を見渡せる「ベランダ・アット・ザ・ビーチハウス」 (ディナー時はビーチハウス・アット・ザ・モアナと店名は変わる) がお勧めです
やはり高級ホテルのメイン・レストランだけあって、お値段も他を圧倒していますが、それに見合うだけのサービス

エッグベネディクト $32

特に12:00~15:00の間に提供される「アフタヌーン・ティー」は爽やかな風に吹かれ、幸せで優雅な時間を過ごすことができ人気のメニューです($45)

上の写真は「ベランダ・アット・ザ・ビーチハウス」で毎夕行われるフラ・ショーは「ハワイに来ているんだ!」を実感させる優雅なショーです

コメント

タイトルとURLをコピーしました