人気のファーマーズ・マーケット

hawaii
この記事は約3分で読めます。

ファーマーズ・マーケット?

今やハワイ州各地で開かれているファーマーズ・マーケット (以下=F・M) は、225ヵ所にのぼるようです
出店者規模は4~5軒の小さな規模のものから、200軒にもなる巨大なものまで様々
日本でもありますが、ご近所の農家数軒が野菜などを持ち寄り始めたものと思われます
現在の多くのF・Mは1973年当時のホノルル市長が地元の女性グループの声を汲み上げ、市が開催をサポートすることで始められたプログラムのようです

KCC F・M

観光客人気NO.1のKCC

昨今のようなF・Mの火付け役は「KCC」でしょう
ダイヤモンドヘッドの麓にあるカピオラニ・コミュニティ・カレッジ (Kapi‘olani Community College=略してKCC) の駐車場を利用しての大規模なF・Mは、観光客にターゲットを絞った全く新しい発想のF・Mで、従来の朝市のイメージが大きく変わりました

KCC ファーマーズ・マーケット
ファーマーズ・マーケットとは ファーマーズ・マーケット (Farmer's Market) とは Wikipedia によりますと主にその地域の生産者農家が複数軒集まって、自分の農場でつくった農産物を持ち寄り消費者に直接販売する...

ワイキキのF・M

観光客の多くが宿泊するワイキキのF・Mはいくつかあります
プレートランチやフルーツなどF・Mで買ってホテルの部屋で食べる、またはお土産を買うなど需要は多くあります

ワイキキ滞在者の強い味方

上の写真は下のブログではお話していませんでしたが、ワイキキのロングス・ドラッグス (バンクオブハワイビル) 前のFMの開催案内です
こちらは出店者も多く、ワイキキ滞在の旅行者には人気です

ワイキキのファーマーズ・マーケット
ワイキキにもあります 昨日はKCCファーマーズ・マーケットのお話をしましたが、宿泊ホテルのそばのワイキキにもファーマーズ・マーケットはありますので、今日はその紹介をしましょうワイキキのファーマーズ・マーケットはいくつか現れては消...

オアフ島のF・M

基本的に何の商売でもお客のいないところでは成り立ちません (通販などのネット販売は例外として)
観光客はいなくても、地元の人相手のF・Mはまだまだあります

新鮮な野菜が Farm To Table

カカアコのF・Mは通りを挟んだ場所へ移動しました
ニール・ブレイズデル センターというコンサートホール前で開催されている、ホノルル・ファーマーズマーケットは地元の人々に絶大な支持を得ており、特に調理済みの料理や野菜果物が強いようです

ちなみにニール・ブレイズデルとは地元の有名歌手の名前のようで、同センターはアリーナとスタンドのある室内会場になっており、以前に大相撲のハワイ巡業エルビス・プレスリーの公演が行われた会場です
私もここへはキング・カメハメハ・フラコンペディションを観に行った記憶があります、FMは会場周辺の芝生上で行われています

オアフ島のファーマーズ・マーケット
まだまだあります! 一昨日はKCC、昨日はワイキキのファーマーズ・マーケットについてお話をしてきましたが、今日はそのほかのファーマーズ・マーケットについてお話ししましょうダウンタウンのファーマーズ・マーケト地産地...

その他のF・M

特にお話しておきたいF・Mはカイルアタウンファーマーズマーケット
カイルアの町自体はそれほど大きな町ではありません
スーパーのホールフーズやダウントゥアース、ロングス・ドラッグスなどが集まる所で、F・Mが開催されているので地元の人達には好評です
日曜日の午前中に開催されており、ハワイ感あふれる素敵なローカル気分を楽しむ事ができます

カイルアのF・M 出典=HI Scoop!

コメント

タイトルとURLをコピーしました