今回の予定

hawaii
この記事は約3分で読めます。

今回は何といっても…

6月 3日 (金) 成田空港より出国
6月17日 (金) 帰国
13泊15日、平たく言えば2週間のソロ・ハワイです
今回のメイン・イベントは…

①. キング・カメハメハ・セレブレーション
②. まつりインハワイ
そしてそして、2年3ヶ月ぶりとなるワイキキとご対面

キング・カメハメハ・セレブレーション

毎年6月11日は「カメハメハ・デー」(ハワイ州の祝日) です
「キング・カメハメハ・セレブレーション」(King Kamehameha Celebration) はハワイの島々を統一した初代王のカメハメハ大王を称える伝統的な祭事です

また、その前後にはハワイ全土 (各島) でも催事は開催されますきっとハワイ州で最大のイベントなのでしょう
…と言っても、カメハメハさんの誕生日でも命日でもありません
それと言うのも1758年1819年と言われていますが、特に生年は諸説あるようです
このように生まれた年も定かではありませんので、誕生日はもっと定かではありません
ではなぜ6月11日をカメハメハデーとしたのでしょうか?
実はじつは…この6月11日は大王の孫であるカメハメハ5世が祖父を称えるために制定した任意の日付だったのです
1回目は1872年6月11日ですから、今年は150周年となるわけですね

大きなイベント

《レイ・ドレーピング・セレモニー》
6月の第2金曜日の午後、ダウンタウンのイオラニ宮殿近くにある、カメハメハ大王像にレイを掛ける式典です

高さ4.2mの大王像は台座の上に建っていますので、レイを掛けるときははしご車で掛けます
1週間くらい前からボランティアが大王像近くのテント内でレイ作りから始めます
当日は、ハワイ王国時代から続く楽隊「ロイヤル ハワイアン バンド」による演奏のほか、チャントやフラも奉納されるなど、ハワイアンの伝統儀式に基づいて進行されます
私にとっては「見たいなぁ」と今まで思いながらも、今回初めてそのチャンスが巡ってきました

《フローラル・パレード》
6月の第2土曜日の午前中に行われます
パレードではカラフルな花々に装飾されたフロートに乗った王や王妃、パウライダー (女性の騎馬隊) たちが伝統的な衣装をまとい、イオラニ宮殿からカピオラニ公園まで7kmほどの距離をおよそ4時間かけて移動します

これも中々見ごたえのあるパレードですよ

まつりインハワイ

サブタイトルに「パン・パシフィック・フェスティバル」(Pan-Pacific Festival) と付いた同イベントは太平洋沿岸諸国とハワイの文化交流を目的とした大イベントです
毎年6月の第2金曜日、土曜日、日曜日の3日間にわたり開催されます
その中でも12日 (日)はワイキキエリア内の複数場所にステージが設置され、和太鼓や「よさこい」など日本の伝統芸能を伝える文化団体のステージやフラサークルによるフラが披露されます

「まつりインハワイ」のイベントで意外な人気を得ているのが、初日の夜に催される盆踊りBon Dance Festival
歩行者天国となったカラカウア通りに「やぐら」が建てられ、日本でおなじみの盆踊り大会が開催されるので、観光客も毎年たくさんの人がボンダンスを楽しんでいるようです

フェスティバル最終日にフィナーレを飾るイベントは、参加者たちによるパレードです。ルートは、フォート・デ・ルーシーからカピオラニ公園までのおよそ2km
過去の何回か見たことがありますが、その名の通り日本的なパレードです

コメント

タイトルとURLをコピーしました