今日はバレンタインデー

hawaii
この記事は約3分で読めます。

そもそもバレンタインデーって…

諸説ありですが“バレンタイン”という言葉は、ローマ帝政時代にキリスト教の司祭として実在していた聖人ヴァレンティヌスの名に由来していると言われています

当時ローマを治めていた皇帝クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残すことで兵士の士気が下がってしまうと考え、若い兵士の婚姻を禁止していました
そんな若者たちを憐れみ極秘で結婚式を行っていたのが、司祭であったヴァレンティヌスなのです
何度か皇帝から警告を受けるも信念を曲げず、ついに死刑を命じられることになってしまいました
2月15日の豊穣祭ルカペリア祭りの前日に生贄として処刑された…という悲しいお話しのほかに

古代ローマにおいて2月14日は女神ジュノー(結婚生活の守護神)の祝日は、男女の出会いの日として親しまれていました
それが恋人たちの愛のために犠牲となったヴァレンティヌスの逸話をきっかけに、キリスト教徒にも「恋人たちの日」として認知されるようになり世界に広まっていったと言われています

チョコは日本だけ !?

女性から男性に愛の告白と共に、チョコレートを贈る日とされている「バレンタインデー」ですが、実は日本だけのようですね

今日のようなバレンタインデーの形ができたのは、お菓子業界のキャンペーンに寄るところが大きいと言われています、それも昭和40年前後からだそうです
どうりで私の若いころにはありませんでした、いや私だけ無かったのかも知れません
当初は売り上げもさほど伸びずに「日本ではバレンタインデーは定着しない」
そんな判断がされかけたこともありましたが、その流れを変えたのは子どもたちでした
1970年代に入ると、小中高校生が「女の子から男の子に告白できる日」としてバレンタインデーが盛り上がりはじめ「バレンタインデー=チョコ」の図式が出来上がりました

70年代後半にはOLたちが参戦し、80年代に「義理チョコ」が誕生、また最近では「友チョコ」「ご褒美チョコ」「逆チョコ」そして「手作りチョコ」の文化も生まれつつあります

一番人気は花束

欧米のバレンタインデーは一般的に「男性から本命の女性へ想いを伝える日」とされています
ハワイでも男性から女性に愛を伝える日とされており、恋人や夫婦間のコミュニケーションを第一に考えながらも、家族や子供のクラスメイトや先生、友達など幅広い人にプレゼントを贈るのが習慣です

そして、そのプレゼントはカードに添えてチョコレートなどのお菓子、ギフトカードや花束やディナーなどの特別なお出掛け、ジュエリーや服など様々なものが贈られます
そんな中でもハワイの家庭や職場では、花束を贈ることが多いようです
この時期のスーパーの生花売り場では、いろいろな種類の花束を見かけます
また、誕生日にも花束が贈ることも多いですようです

アメリカはじめ欧米では男性から女性に、お花やスイーツのほかに、こんな可愛い風船を贈ったりします

コメント

タイトルとURLをコピーしました