動物園と水族館

hawaii
この記事は約3分で読めます。

こんな近くに…

オアフ島滞在ではやはりワイキキが圧倒的に多く、それらのホテルから徒歩圏内にこんな施設があるのを知らない方も多いかも知れません
ワイキキのカラカウア通りをダイヤモンドヘッド方面へ歩いて行くと、ホテル群が途切れたところからカピオラニ公園になります
同公園に入ってすぐ左側にあるのが「ホノルル動物園」です
ワイキキから来た道を更に進むと、右側 (海側) にあるのが「ワイキキ水族館」です
私も動物園1回と水族館3回、それぞれ行ったことがあります、今日は動物園&水族館のお話しです

①はホノルル動物園
②はワイキキ水族館

ホノルル動物園

ここホノルル動物園 (Honolulu Zoo) の歴史は古く、1914年にホノルル市はサルやライオンの幼獣を購入したのが始まりのようです

当時、何と言っても人々の大注目を集めたのが、1916年にハワイに初めてお目見えしたアフリカ象のデイジーでした、始めて見る巨大なデイジーを一目見ようと動物園には人々が殺到したそうです
今では哺乳類、両生類、爬虫類など220種ほどの動物や鳥たちが暮らしていて、さまざまな動物たちの様子を自然界に近い形でゆったりと見てまわることができます

新メンバーとなった3頭の親子フェネックも人気です
園内は日影があまりありません、パラソル・帽子・飲料水を忘れずに、私が行った日は特に暑い日だったのか、出来れば日中を避け午前中が良いのでは…
  
入園料は大人19ドル (13歳以上)、子供11ドル (3歳以上)、幼児無料
開閉園時間は10:00AM~3:00PM
無休 (クリスマスを除く)

閉園後の動物園を回るトワイライトツアーが人気を集めています

また、入場ゲートのすぐ外側にガンジー像があります
ハワイ在住のインドの人々が友好のために1990年に設置しました

ワイキキ水族館

1904年の創立でアメリカの公立水族館としては3番目に古い水族館です

そんなに大きな水族館ではないので、ゆっくり回っても1時間から1時間半で見ることができます
カラフルな熱帯魚のようなハワイ固有海洋生物など、ココでしか見られない海の生物たちを見ることができます
特に印象に残ったのは、薄暗い館内の水槽で優雅に舞うクラゲでした

入口にあるQRコードをスマホにスキャンすると、館内の説明は日本語で受けることができます
屋外展示の人気者、絶滅危惧種に指定されているのハワイアンモンクシール (アザラシ) の餌付けやパフォーマンスショーがワイキキ水族館一番の人気のようです

入園料は大人12ドル (13~64歳)、シニア5ドル (65歳以上)、子供5ドル (4歳以上)、幼児無料
開閉園時間は9:00AM~4:30PM
無休 (ホノルルマラソンデー、クリスマスを除く)

  
いつものワイキキとは一味違った、動物園&水族館巡りはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました