思った以上の物価高

hawaii
この記事は約2分で読めます。

海外からの観光客徐々に

2年以上続いたコロナ禍で、ハワイの経済は散々な目にあいました
その昔は捕鯨産業、サトウキビやパイナップルなどの農産物の輸出がありましたが、その後は観光以外のコレといった収入手段はなく、まさに観光客だよりででした
それが全世界を巻き込むコロナによって、ハワイへの観光客は激減し復活が危ぶまれていました

その間はメインランドからの観光客が多く来島
定番のカリブ海などへは行けずに、国内旅行のハワイに注目し一躍人気が出ていたんですね
そして日本もGWあたりから徐々に渡ハも増え、アメリカ入国の際のPCR検査も撤廃され、ハードルは順次低くまたは廃止され、今までよりもハワイを身近に感じることができるようになってきました

どのくらい物価高

比べる尺度がはなはだ不明確ですが、今回の渡ハで物価高は身に染みて感じました
私の感覚では、日本で100だったものが、コロナ前のワイキキでは110~120
それが今回のコロナ後+円安の現在では160~170ものによっては2倍の感覚です

具体的には、オンザビーチのあるラグジュアリーホテルのビーチサイドレストランで、朝食にオムレツとコーヒーを注文し、税金とチップを加えると$47、円換算すると6,500円
私たち節約旅行者の命綱であるプレートランチですら$10以下はほとんど見当たりません
ABC Store のホットドッグでも$2.25です

また渡ハ前の日本のTVでインスタントラーメンが1個500円と報道されていましたが、そのようなところもあるのでしょうが、私はアラモアナ地区のウォルマートで「サッポロ一番」がセール価格で$1以下のも見ています
ニュースは一部分を切り取って報道しますので、「そんなところもあるんだ」くらいに見ておいた方が良さそうです
今後、円安は落ち着いてくるでしょうが、一度上がってしまった物価は元に戻るのは難しいようです
いかにしたらお安くハワイを楽しむか?
大きな課題ですね!

こんなの見つけました

ワイキキのインターナショナルマーケットプレイスの2階クヒオ通り側にある日系スーパー「ミツワ」のお刺身コーナー

左上は赤身のマグロで2貫で$7.20
右上は中トロ3貫で$15.50

円換算しますと左は1貫約490円、右は1貫約703円
共にJAPANのシールが貼ってあるということは、冷凍を解凍したのでしょうか?
ハワイでは近海でマグロが捕れるのに…
…とまぁ、こんなものもあるんだ程度に見ておきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました