成田空港からホテルまで

hawaii
この記事は約3分で読めます。

これから渡ハする方へ

私は2年3ヵ月ぶりの渡ハです
今までになかったコロナ対策での、さまざまなハードルがありました


今回実際に経験してみた私的体験談としてお聞きください
なお、以下の①~③が必要ですが、提示はすべて搭乗する航空会社の空港カウンターのみです
①. ワクチン接種証明書
まずスマホに接種証明書アプリをインストールし、そこにマイナンバーカードと地方自治体発行の接種証明書をスキャンするだけ (マイナンバーカードがないとちょっと面倒なようです)

または、紙媒体の接種証明書でもよさそうです
新型コロナワクチン接種証明書アプリのアイコン画像

②. PCR検査陰性証明書
スマホのアプリを入れなくても、検査した病院やクリニックで「COVID19 に関する検査証明」なるものを発行しますので紙媒体でも大丈夫です

③. 宣誓書
これは事前に準備しなくても、空港の航空会社カウンターにもありますので、名前と日付を記入するだけでOKです

PCR検査でなくても?

この検査は、検体採取日がフライト前日もしくは当日の日付であることとなっており、私は成田国際空港のPCRセンターで行いました
そのために通常の渡ハ時よりも3時間早く家を出ました

そして鼻からでも唾液からでもよいようですので、鼻より簡単そうな唾液にしましたが5ml採取するのは結構大変で、これなら鼻からの方が早く終わったんじゃないかなと思いました (ちなみに壁には梅干しではなくレモンの絵が…)
このあと結果が出るまでに3時間、またセンター来てくださいとのことでしたが、HPには早ければ2時間と書いてあったので、2時間半後に行ったら出来てました
ここまでの時間、搭乗手続きは出来ずマックで早夕食を食べて、ひたすら待つのみ
結果を聞きに行った時に担当の方に聞いてみました
「ネットに出てましたが、抗原検査でもいいのですか?」
答えはYESでした、えっ~値段が全然違うじゃん
今回のPCR検査は23,000円、ネットで調べたら抗原検査は3,000円くらいと出てました
これから渡ハご予定の方は、ここを調べた方がイイですよ
とにかく時間をつぶすのが大変、空港内のレストランやショップはほとんど Clause でした

いよいよ搭乗

ほぼ定刻に日本航空ハワイ行きは離陸
成田空港発JAL便は1日1フライトのためか、乗機率は90%くらいでした
私の予約席は中央の3列席右側ギャレー前 (いつもこの席) でしたが、幸いに私のほかの2席は空席のため3席を独り占めの快適な空の旅でした
以前、機内で書いていたホノルル空港で必要な、税関申告書などの書類は今回はありませんでした

ハワイ入国では

到着便数が圧倒的に少ないので、入国審査は並んでも2~3組 (10分くらい) なんだか拍子抜けしてしまいました
係官から聞かれることは、今まで通りの観光? 滞在日数? ホテル?
そして、指紋採取と顔写真撮影だからものの5分
あっと言う間に空港外へ、以前あった個人の出口はなくなり、今は団体出口のみ
私はホテルまで、事前予約してあったロバーツ・ハワイのシャトルバスでホテルへ

機外へ出てからホテルへ着くまで1時間20分

コメント

タイトルとURLをコピーしました