明後日はホノルルマラソン

hawaii
この記事は約3分で読めます。

ホノルルマラソンとは

今年の「ホノルルマラソン」は12月12日、アラモアナ・ビーチパークを午前5時に花火を合図にスタートする予定です
日本の市民ランナーにとって「一度は走ってみたい憧れの大会」にも挙げられるホノルルマラソン


その記念すべき第1回大会は1973年12月に心臓病の医師であるドクターJ・スキャッフ氏の提唱の下、162名のランナーが参加して開催されました
長距離をゆっくり走る事は、心臓病の予防とリハビリに非常に効果的であるという医学的な観点から、マラソン大会の開催を提唱しました
以降毎年12月の第二日曜日に広大なカピオラニ公園をフィニッシュ地点にした市民マラソン大会「ホノルルマラソン」が開催されるようになりました
特にフィニッシュ時間の制限を設定しない大会として今日まで継続しています

ホノルルマラソンのここが素晴らしい
世界有数の観光地ワイキキを走るのですから、景色のイイのはもちろんです! エントリーについて ここで言うエントリーとは大会参加申し込みを言います大会のみの参加料は2019年 (フルマラソンの部) の場合は申込み時期によって金...

今年はどうなる?

昨年の第48回大会はコロナで中止となりました
今年は日本もハワイもコロナ感染者は減少傾向にあった10月27日 (ハワイ時間) にホノルル市長は、新型コロナ対策に関わるイベント及び行動規制の緩和が発表しました
そして、本年のホノルルマラソンが開催予定であることをコメントしました

しかし12月2日ハワイで初めてオミクロン株感染者を確認、またたく間に各国でも感染確認が報告され、ホノルルマラソンの開催が危ぶまれています

現状は…?

主催者側は12月10日時点では開催予定としております

ホームページ上では「本大会ならびに関連イベントの開催・運営に際し、ホノルルマラソン協会は、米国、ハワイ州、ホノルル市の判断に従い、内容を変更する可能性がありますので予めご了承ください」と注意書きがありました
併せて「エントリー後の返金対応はいかなる場合もお受けでき兼ねます」とも書いてありました

今年の大会はコロナの影響で例年とは異なる点がいくつかあります
新しく採用されたのは、給水セルフサービスでマイボトル持参などは良い感染症対策ですね

日本からの参加者は、日本発とホノルル発時点の2回のPCR検査 (24時間前) が必要となりました
何より帰国後3日間の強制隔離、その後11日間の自主待機とハードルはさらに高くなったようです
それらの理由でしょうか、今年の日本からのマラソン参加者は例年よりもかなり少なくなるようです
今年は14,000名のエントリーがあったようですが、当日までにはまだまだキャンセルが出そうです
例年、早期エントリーの半数は参加しないので、主催者は約7,000人の参加者を予測しているそうです
今年は異例のローカルの参加がほとんどのホノルルマラソンになり、コロナ禍の日本からの参加者は300~400人になるでしょう

ちなみに2019年のホノルルマラソンには、23,882名が参加し日本人は11,388名とおよそ半分を占めていました

かく言う私も、このコースは歩いたことがあります

ひとりホノルルマラソン
2011年6月18日(土)決行 紫ラインは往路、オレンジラインは復路夜も明けきらぬ頃、カラカウア通りを走るランナーを何回か見ましたある者はタイムを、ある者は自己の壁を破るために限界に挑む姿は美しいまた多くのランナーはホノ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました