最近のニュースから、新サーフィンほか

hawaii
この記事は約3分で読めます。

波上をすべるサーフィン

ワイキキビーチで私は初めて目撃しました!
形は小型のサーフィンなんですが、海面30~50Cmをすべるように高速で移動しています
時には波と逆行して沖に向かって進みます
明らかに異様な動き「アレは何なんだ!」モーターでも付いているのか?

Hydrofoil Surf Heaven in Hawaiiからお借りしました

帰国後調べてみましたらフォイルサーフィンで正式名称はハイドロフォイルサーフィンと言うようです
水中翼船の羽が取り付けれられたサーフボードで、波に乗ることで得た揚力で海面を滑空する、新感覚のサーフィンのようです

新規感染者数微減

ハワイ州では、毎週水曜日に先週1週間の新規感染者数が発表になります
オアフ島は2832名/週、1日あたり404名となります
数だけみると徐々に減少しているようですが、この数字には家庭用検査キットによる陽性者数は入っていないため、実際にはもう少し多いようです

6月の渡ハの際、ワイキキでのマスク着用率は3% (飲食店は除く) くらいで、メインランドからの観光客は、ほとんどノーマスクでした
The Bus の中でも10%、さすがに往復の飛行機は着用義務ですので100%
まだまだ気を緩めずに、感染対策をしっかりしましょう

ハワイツアー再開

HIS、JTB、日本旅行など旅行社各社は、夏休みに向けハワイツアーを再開すると発表しました
現在は日本出国時のPCR検査は不要となりましたが、ホノルル出国時にはPCR検査は必要です
航空券とホテル、空港とホテル間の送迎などのオプションを組み合わせた「パッケージツアー」が人気となっているようです

いろんな海外旅行がある中で、やっぱりハワイがいちばん初めなのですね
あとは円安が何とかなれば、もっとハワイに行きやすくなるのに…

燃油サーチャージ爆上がり

日本航空のハワイ線の最低価格は今日購入すると、9月の運賃の合計は以下のようになります
航空運賃      55,000円
燃油サーチャージ等 60,750円
合計                          115,750円
《燃油サーチャージ等とは燃油特別付加運賃や空港利用料、保険料を含みます》

問題は運賃より高くなった燃油サーチャージです
この燃油サーチャージは2ヵ月ごとに変更されます
例えば、2022年6月1日から7月31日発券分までは23,600円ですが、8月1日から9月30日発券分は30,500円となります (その前は12,700円でした)
9月に渡ハするなら、7月末までに航空チケットを購入すると6,900円安くなります
こまめにHPを見ていると、いつからいくらになるかが分かり、それにより購入時期を決めましよう
航空運賃は日々変わり、ほとんどの場合《なるべく早く》がよろしいようです

サニーディーズ再開

モンサラット通りのおしゃれなレストラン「サニーディーズ」(Sunny Days) がコロナのために長らく休業していましたが、この度再OPENしました

ワイキキのはずれホノルル動物園から、ダイヤモンドヘッド登山口へ向かう通りをモンサラット通りと言います

その中ほどに美味しいお店が集まっている一角があります
中でもサニーディーズは待つことも覚悟の人気店
4Cmくらいの厚みのスフレパンケーキは、メレンゲを練りこんであるのでふわっふわ

甘酸っぱいベリーと優しい甘さのパンケーキが絶妙
このお店、実は関西を中心に店舗展開している「ハナフル」グループとか

コメント

タイトルとURLをコピーしました