気になるニュース、不要不急って?ほか

hawaii
この記事は約3分で読めます。

不要不急ってなんだろう

去る4月1日、外務省は米国(ハワイ州含む)の感染症危険情報はレベル3の「渡航中止勧告」からレベル2の「不要不急の渡航はやめてください」に引き下げられることとなりました
さて、不要不急ってどのような状態を言うのでしょうか?

『広辞苑』によると「どうしても必要というわけでもなく、急いでする必要もないこと」とでていました
私にとってはの渡ハは、ストレス解消のための渡航であり、人生を生きるためには必要不可欠と個人的に考えます

アロハストリートが休刊

ハワイを旅する日本人旅行者向けにハワイの旬な情報を発信するフリーマガジンで、皆さんも一度は手に取ったことのある情報誌です
ワイキキの街角のフリーペーパースタンドにあり、私などはいつもお世話になっていた愛読者でした

コロナ禍の影響で日本人観光客の激減のために、またペーパーレス化や SDGs の一環として2020年の8/9月号を最後に一時休刊していましたがこの度正式に40年の歴史に終止符を打ったようです
私には週一回のメールマガジンがアロハストリートから配信されており、最新のハワイ情報を得ることが出来ます

アラワイ運河の浄化プロジェクト

HAWAII NEWS NOW によりますとアラワイ運河の水質改善を目的としたアラワイ・プロジェクトの一環として数百人の市民が「元気玉」を投入するイベントが行われたようです

今回、アラワイ運河に投入された「元気玉」は、微生物や植物等の生物が持つ化学物質の分解能力、蓄積能力などを利用して土壌や地下水等の汚染浄化を図ることが目的で、7年後にアラワイ運河を釣りや泳ぎができる環境にすることが目標としています

なお、アラワイ・プロジェクトの支援者を募集中で、支援者は$5の寄付金で元気玉の作成をサポートすることが可能となっているそうです

変わりゆくチャイナタウン

チャイナタウンのマウナキア通りである宗教が35年間路上生活者 (ホームレス) に無料で食事を提供しており、その結果この周辺ではホームレス問題が多々起きていました
4月1日より、当局の要請によりこの施設が食事の提供を停止し、いくつかの施設で分散配布するようにしました

チャイナタウンの治安悪化
チャイナタウンはここ オアフ島の玄関口であるダニエル・K・イノウエ国際空港と、ホテルがたくさんあるワイキキの中間がダウンタウン (紫で囲ったエリア) になります その中の西側がチャイナタウン (赤で囲ったエリア) です ①はアロハ...

しかし、場所を分散させるだけではホームレス問題の解決にはならないのではないかと言われています

コロナ感染の制限が緩和されて、チャイナタウンにも人が戻り始めており、新しいレストランがオープンし、歴史的建物のウォファットビルにブティックホテルがオープンすればチャイナタウンも変わって行くのでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました