渡ハへのハードル

hawaii
この記事は約3分で読めます。

現在の入国規制

ハワイ州は10月15日(木)より事前検査プログラムによる自己隔離措置の緩和を図り、アメリカ本土からの観光客の受け入れを開始しています
一方日本からの旅行者の事前検査プログラムについては現在、日本政府と協議中とのことです
このように日本人のハワイ渡航は全面解禁となった訳ではありません
私たちがハワイに行くには、まだまだ越えなければならないハードルがいくつかあるようです

①PCR検査

10月15日より新型コロナPCR検査《陰性証明書》を持参することで、到着後の14日間の隔離が免除となると発表されておりました

しかし、現時点では日本の医療・検査機関でハワイ州のパートナー検査機関となっている場所はないため、日本国内で新型コロナウイルスのPCR検査を受けた場合でも、ハワイ州到着後は14日間の自主隔離が必要となっています
一日も早くハワイ州指定の日本の医療機関が発表されることを願います

写真はイメージです

今朝の情報によりますと、ハワイ州はPCR検査が受けられる日本の21の医療機関を発表しました
…がしかし、ハワイから日本に戻る際にまだ14日間自己隔する必要は依然変わらずです

②フライト

新型コロナウィルスの影響によって、日本=ハワイ間を結ぶ定期便を運航している航空会社では、運休や臨時便のみの運行などを行っています

10月26日現在、確定しているのは以下の通りです
ハワイアン航空の定期便は11月30日まで運休
日本航空 (JAL) の定期便は11月30日まで運休
全日本空輸 (ANA) の定期便は1月31日まで運休
ほかの大韓航空・デルタ航空・ユナイテッド航空は未定のようです

ちなみに、往路12月7日=復路12月21日のJALの仮予約を取ってみましたが、通常通りフライト・座席まで取ることが出来ましたが、今後どのようになるのかは判りませんのでキャンセルしました

③ホテル

3月より営業を停止していたいくつかのホテルが再開を明らかにしています
《営業中の主なホテル》
ニューオータニカイマナビーチホテル
アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテル
アロヒラニリゾート・ワイキキ・ビーチ 
パークショア・ワイキキ
アウトリガー ワイキキ ビーチ リゾート
オハナ・ワイキキ・マリア
オヒア・ワイキキ・ステュディオ・スイーツ
アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート
アクア・パシフィック・モナーク・ホテル
ザ・カハラ・ホテル&リゾート

《10月15日より営業開始の主なホテル》
ハイアット リージェンシー・ワイキキ ビーチ
ワイキキ・サンドビラ・ホテル

《11月1日より営業開始の主なホテル》
アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ
アンバサダー・ホテル・ワイキキ
プリンス・ワイキキ

《その他》
ハレクラニホテルは全面改装中、終了予定は2021年夏
アウトリガー・リーフ・ワイキキは2021年4月1日 (水)

《再開日を正式に発表していないホテル》
モアナサーフライダー ウェスティン リゾート
シェラトン・ワイキキ 
シェラトン・プリンセス・カイウラニ 
ロイヤル ハワイアン ホテル

こうして見てきましても私の定宿としているオハナ・イーストがどこにも名前が見当たりません、もしかして廃業かと心配になり、ホテルのHPをみて見ました
2020年12月30日まで臨時休業と出ていました
…とすると、年内は諦めざるを得ない状態ですね、周りの状況が許せば1月に行こうと思っています

コメント

タイトルとURLをコピーしました