王妃カピオラニの名が付く公園

hawaii
この記事は約2分で読めます。

誰の王妃?

王妃カピオラニの旦那は誰?
この問題に即答出来た方は、かなりが付くほどハワイ通
その答えは本文の一番最後に書いてあります

カピオラニ王妃 1834ー1899

市民の憩いの場

ダイヤモンドヘッドの海側の麓に広がる広大な公園、それが「カピオラニ公園」です
市民の憩いの場として、また様々なイベント会場として、多くの人々を楽しませてくれています
例えば、ホノルルマラソンのフィニッシュ地点など皆さんご存じですね

①はカピオラニ公園
②はワイキキ
③はダイヤモンドヘッド

園内にあるもの

①ホノルル動物園
ライオン、ゾウ、キリンなどなどの哺乳類のほか、爬虫類、鳥類など計1230頭以上の動物を飼育している
私も行ったことがありますが、観光客相手と言うより地元の家族連れが多かった印象があります

②ワイキキ水族館
1904年オープンと全米でも2番目に古い水族館
490種の海洋動植物の3,500以上の生物が生息しており、毎年33万人以上が訪れています

③ルイーズディリンガム記念噴水
この噴水は日比谷公園にある噴水のレプリカで、大正天皇の戴冠式の記念として日系人会から寄与されたもの

場所はワイキキから来ると一番奥にあります

出典=Colorful Hawaii

④その昔は…

ボート遊びが出来るほどの大きな池もありました
その後は競馬場やポロなどを楽しむ場として使われていましたが
この頃は一般市民と言うより、ごく限られた裕福な欧米人の憩いの場でした
また、1903年初頭にはダウンタウンとワイキキを結ぶ路面電車の終着駅もありました

現存する路面電車の終着駅 出典=アロハプログラム

《正解は…》
ハワイ王国第7代国王カラカウア王でした
彼女は2歳年上の姉さん女房、しかもバツイチ

カピオラニ公園は、夫のカラカウアによって女王にちなんで名付けられました

カラカウア王 1836ー1891

コメント

タイトルとURLをコピーしました