病院に行く

hawaii
この記事は約2分で読めます。

どうする? 熱が出た!

2009年6月のお話しです
その時もひとりでした、外出先から帰ってきたら寒気がするし熱がありそう
体温計がないので正確ではありませんが、感覚的には38~39度でしようか
自己手配の旅行なので頼るところはない、空港で入る海外旅行保険にも入ってない、クレジットカードの付帯保険があるのみ
ぼーとした頭でカードの裏に書いてある電話番号に電話し、サポートセンターより最寄りのカード支払いで日本語OKの病院を紹介され、電話をしてすぐに元ANAビル3階(Longs Drugsが入っているビル)のアージェントケアクリニックへ向かいました

アージェントケアクリニックのドアプレート

受付で問診票に記入したあと日系人と思われる初老の医師の診察、覚えたての英語で「I have Fever」と頑張っていったら「日本語でどうぞ」と言われました

きれいで明るい診察室(HPより)

診察の結果、冷房による風邪症状で抗生物質の薬を処方されお支払い
$220をカード(パスポートを忘れずに)で支払い診断書と薬をもらい部屋へ戻り安静にしていたところ、凄いことに薬を飲んで30分で快方へ、即効で熱が下がり1時間後には食欲も出て2時間後にはいつもと変わらない状態になりました
あらためてアメリカの薬は凄いと感じました

帰国後にカード会社提携の保険会社へ診断書と領収書を郵送し後日、全額振り込まれました
2014年5月にも全く同じ経験をしました

日本語OKのクリニック

最近調べたらWaikikiには日本語OKで24時間診察(しかも往診も送迎も可)のクリニックがいくつかあるので以下に書いておきます

日本語OKのクリニック

はDsoctor  on  call(Sheraton Hotel内)
⭐はDsoctor  of call(Princes  Kaiulani  Hotel内)

Princes  Kaiulani  Hotel内
送迎用の車

明日はWaikikiの奥座敷マノアについてお話ししましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました