魅惑的なシャングリ・ラ回教美術館

hawaii
この記事は約3分で読めます。

私も最近知りました

オアフ島の観光スポットもたくさんありますが、この「シャングリ・ラ回教美術館」はあまりメジャーではないので、ご存じの方は少ないと思います

私もつい最近ある方のハワイブログで知りました
またの名をシャングリラ邸と言い場所はダイヤモンドヘッドの先にあります

始めにお断りしておきますが…
実は私、最近知ったくらいですから、まだ行ったことがありません
近いうちに是非行きたいところなので、予習の意味からも調べてみました

シャングリ・ラ邸

邸と言うからには、どなたかのお宅なのでしょう
以下は《TRAVELKO》からの抜粋です

ある一人の女性がハネムーンの世界旅行の帰途に立ち寄ったハワイに恋し、彼女の父親が当時富豪であったことから、その遺産を使い建てたのがこのシャングリ・ラだと言われています

画像参照:Shangri La, Doris Duke Foundation for Islamic Art

イスラム美術に魅了されたその女性ドリス・デュークが、たくさんのアートを旅行先やオークションなどで収集したと言われており、玄関から一歩足を踏み入れるとまるでイスラムにいるような世界が広がります

玄関ホールの壁面には赤いチューリップが印象的なオスマン朝時代のイズミックスタイルが飾られており、続く隣の部屋は「ダマスカスルーム」と呼ばれ、美術商の家の内装を大変気に入り、購入して運ばせたものだそうです
家の中央にはコートヤードがあり、青を基調としたモザイクスタイルのタイルがひとつの絵のようになっています

ラナイの先は太平洋が見渡せるようになっています
船着き場があり、ここからドリスは自家用船で世界航路へと旅をしていたと言われています
7世紀から20世紀近くまでのアートが一堂に見られるこのシャングリ・ラは、ガラスケースに展示されている美術館とは全く違った、必訪の場所でしょう

数々の見どころ

「理想郷 (ユートピア)」という名の意味をもつ「シャングリ・ラ」はその美しさと豪華さから「ハワイの宝」とも呼ばれています
1937年に建立された邸宅は、インドやイラン、スペイン、エジプト、モロッコ、シリアなど、イスラム文化の影響を強く受けた芸術品が約5,000点展示されています

外側はダイナミックな海と緑豊かなガーデン、プールや噴水からなり、ハワイの自然と見事に調和させ、邸宅内には3500点以上ものアートを散りばめたイスラムアートの魅力であふれています

日本語見学ツアー

このツアーはホノルル美術館が主催するツアーで、事前申し込みをすればホノルル美術館からシャトルバスで送迎し、日本語で案内する完全予約ツアーです
【日本語ツアー】は現在、毎月最終金曜日の正午からの約90分間のツアーになります
まずは正午に「ホノルル美術館」で受付、その後12時15分にツアー・バスが出発します
12時30分~14時まで「シャングリ・ラ邸」の見学ツアーが行われ、14時15分に「ホノルル美術館」に戻ってきます

参加費はひとり$25で、12才以下の子どもは参加できません
予約方法は以下のサイトに詳しく記載されています

記事 | ryokouki

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました