KCC ファーマーズ・マーケット

hawaii
この記事は約2分で読めます。

ファーマーズ・マーケットとは

ファーマーズ・マーケット (Farmer’s Market) とは Wikipedia によりますと主にその地域の生産者農家が複数軒集まって、自分の農場でつくった農産物を持ち寄り消費者に直接販売するスタイルの市場である…と出ていました

ハワイの場合も新鮮な野菜果物が比較的安価で買えると人気です
…と言っても、これらの朝市はご近所相手の小規模でした
しかしこのKCCは観光客にターゲットを絞った全く新しい発想のファーマーズ・マーケットで、従来の朝市のイメージが大きく変わりました

上の地図で①はワイキキ
②はダイヤモンドヘッド
③がKCCファーマーズマーケット
ワイキキのクヒオ通りからは2番の The Bus で約20分

KCCとは?

そもそもこのKCCファーマーズ・マーケットは2003年に生産者と商店主と大学の理事の3人が始めたものでした
KCCとはカピオラニ・コニュニティ・カレッジ (Kapiolani Community College) の略で、訳すとカピオラニ地区にある地域社会短期大学となり、その駐車場で毎土曜の午前中行われている朝市のことになります
この朝市が今のように朝から大渋滞が起こるほど大人気イベントになることを、その時誰が想像したでしょうか?

私が初めてファーマーズ・マーケットに行ったのは2010年12月のKCCで、その数年前よりネット情報として気になっていました

KCCの人気店

TVなどのメディアで取り上げられると一気に人気に火が付き、ベンダーの数もいまや100軒を超えるようです
そんなベンダーの中でも人気のお店を紹介しましょう

何と言っても一番人気はフライド・グリーン・トマトではないでしょうか
いつ行っても長い行列が出来ていました

その名の通り緑のトマトのフライです、トマト独特の酸味とサクサクした歯ごたえは他では味わえないものでした

高いような安いような$8

ハワイ島コナ産アワビも行列ですね、ちょっと小ぶりですが味はしっかりアワビでした

Sサイズの焼きアワビが2個で$8

定番ですが各種プレートランチが$9~$13でロコモコやステーキ、ガーリックシュリンプが味わえます

こんな紙皿のプレートランチもあります

ジンジャエールも人気ですね、生姜の辛さと強炭酸の組合せはストロング!

強烈に辛い、ジンジャエール$3

他にも野菜果物を売るお店やハチミツ、ソーセージ、ピザ、アサイボウル、生花などのお店もあり、また路上ライブでCDを売っている人もいて、どこも賑わっていました

コメント

タイトルとURLをコピーしました