ALOHAの深い意味

hawaii
この記事は約2分で読めます。

🌈アロハ~

知っているようで知らない『ALOHA』の本当の意味
実は私も本当の意味は知らなかったけどニュアンスとしては分かる気がします
皆さんは、声に出して『アロハ~』って言ったことがありますか?
私は照れてしまって、なかなか言えないんですが、ハワイでならすんなり言えます、しかもシャカサイン付きで

「のんびり行こうよ!」のシャカサイン

シャカサインのうんちく

ちょっと歴史を覗いて見よう
ハワイと日本のつながり 1959 年ハワイがアメリカの 50 番目の州になる前から日本とハワイの繋がりは深いものがありました日本からの初めての移民は 1868 年(慶応4年/明治元年)から始まっていたのです我が国と第5代ハワイ国...

アロハのたくさんの意味

ハワイ語があるのを知らない人でも、「アロハ」は知っていますよね
このシンプルな言葉には沢山の意味があります
ハワイ語の辞書には英語に訳された言葉がざっと30以上もあるようです

愛、愛情、愛着、思いやり、慈悲、寛容、哀れみ、情け、同情、共感、不憫、親切、感情、好意、慈善、挨拶、敬意を持つ、恋人、愛人、愛する人、最愛の、誠実な、親切な,哀れみ深い,寛大な,愛らしい,大好き、尊敬する,あがめる、こんにちは、さようなら、別れの挨拶、ああ悲しや!などなど

それにしても一つの言葉でこんなにもたくさんの意味があるとは…、まさか「ああ悲しや!」まであるとは知りませんでした

絵になる文字ですね

ALOHAを解読

英語のALOHAを分解してみると、Aloは顔、表面、面前、存在等の意味があり、 Hā には息(呼吸)という意味があるようです
古代ポリネシアでは、挨拶する時にお互いの額と鼻を合わせ、鼻から大きく息を吸う事で息を交換し合っていました
まさに魂から純粋なる愛を交換する事が挨拶だったのですね

(akahai)  思いやり、優しさ
(lōkahi)   調和、ハーモニー
(ʻoluʻolu)   心地よさ 
(haʻahaʻa)  謙虚さ
(ahonui)  忍耐強さ

(  ) 内はハワイ語

ALOHA!」の声が聞こえそう

ハワイあるあるをひとつ

ハワイ旅行初心者にありがちなポーズ
現地ツアーガイドに教わって、記念撮影の際に「シャカ」に挑戦してみるも、

帰国の頃には「キツネ」っぽくなってしまっている

気を付けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました