The Busの運賃推移

hawaii
この記事は約3分で読めます。

今日からバス料金値上げ

そうなんです!
$2.75から$3.00ですって

何もかも物価高のハワイも、ついに唯一の公共交通機関 (※①) であるThe Busの運賃が値上げされます
財政難のハワイ州では、今年よりホテル税などの税金がアップ、ダイヤモンドヘッドやハナウマ湾の入場料も値上がりしました
それに加えてハワイに来る観光客に環境料金(グリーンフィー)を請求するという案が新たに検討されているようです
ハワイ州の収入を上げるために、前述の税収UPのほかに公共料金の値上げもあります
そこで今回、市営バスであるThe Busの運賃値上げとなったわけです
この新バス料金やHOLOカードについては、よく調べてから近いうちにお話ししたいと思います
今日はバス運賃の推移についてお話ししましょう
※①=現在はThe Busが唯一の公共交通機関ですが、十数年前にほんの一時期ですがThe Boatと言うエワビーチからホノルル湾までの定期船が通勤ラッシュ緩和のために運行されていました、また数年後には公共交通機関として高架鉄道の運行も開始されます

海外渡航自由化

調べてみましたら、日本人の海外渡航自由化は1964年4月1日から
観光目的のパスポートの発行が開始されひとり年1回、海外持ち出し$500までの制限付きで海外への観光旅行が可能となったようです

ちなみに、ハワイ9日間の旅行代金は、当時の大卒初任給 (19,100円)の19倍という364,000円でした
それこそ誰もが行けるハワイではなかった「夢のハワイ」だったんですね

私の初ハワイの頃

私の初ハワイは1977年1月でした
残念ながら、その頃のバス運賃は私の資料にありませんでした
正確性は定かではありませんが、¢60だったように記憶しています

資料として残っているのは
2009年~2015年は$2.00
2015年~2018年は$2.50
2018年~2022年は$2.75
初めのころは、どこまで乗っても同一料金にビックリ、バス路線の多さも驚きでしたね
今でもそうですが、私はハワイのバスが好きです
ずう~っと乗っていると、ワイキキとはまったく別世界に連れててくれます
ワイキキだけしか知らない旅行者は、もっと別のハワイも見て欲しいと思いますね

皆さん覚えていますか?

トランスファーチケット
乗車時に運転手にTransfer ticket pleaseと言うと下の写真のチケットを渡されます

当日限りですが、2時間以内なら1回乗り換えが無料で出来るチケットです
次回に乗る時間はチケットの切れているところが、その時間になります
これを使って$2でオアフ島一周したこともあります
その後、ワンデイパスに変わりました
その日1日なら$5で乗り放題チケットになり、私はますますバス利用率が高くなりました

そして今は、HOLOカードとなります
日本の suica 同様、現金をチャージして乗車時にピッとするだけです

このようにハワイのThe Bus事情も運賃も、年と共に変わってきました

コメント

タイトルとURLをコピーしました